フッティルーテンってどんな船?



【世界で最も美しい船旅】


フッティルーテンとは、北欧ノルウェーのトロムソに本社を置く船会社で、ノルウェー沿岸住民の生活のライフライン兼観光客船を運航しています。

ノルウェーの西海岸、南のベルゲンから北のキルケネスまで約2,400kmの距離を大小34の港に寄港しながら12日間かけて往復するノルウェー沿岸急行船。

「世界で最も美しい船旅」と称賛され、世界中から乗船希望者が集まります。

深く入り組んだフィヨルド(氷河の浸食作用によって作り上げられた複雑な入り江)の断崖や、海に浮かぶ島々、童話の世界に出てきそうな可愛らしい家や草を食む動物なども、船上からゆったりと眺めることが出来ます。

出発港はノルウェー第2の規模を誇る観光都市ベルゲンで、三角屋根のカラフルな木造家屋が建ち並んでいる風景が印象的です。

そこから沿岸沿いに7日間かけてロシアとの国境の町キルケネス港まで行き、またベルゲンへと戻ってきます。

往復ともに同じ港に寄港しますが、寄港する時間帯が異なるのでまったく違った景色を楽しめるのもポイントです。

また季節ごとに航行するフィヨルドも変わるので、白銀の山並や断崖に落ちる滝など違った魅力を目にすることが出来るんです。

一度この船旅を体験するとまたリピートしたくなるというのもうなづけますね。ではこの航路の見どころをご紹介してまいりましょう。

【最も美しい街やオーロラの見える街も】


ノルウェー人が選ぶ「ノルウェーで最も美しい街」に選ばれたオーレスンは

柔らかな曲線と強調された直線が見事に融合するユーゲント・シュティール(アール・ヌーヴォー)建築

という様式に統一されており、とても優雅で見飽きることがありません。

また建物の外壁もカラフルで、それでいて品よく調和しているのが見事です。アクスラ山頂にある展望台から見下ろせばなんともいえない美しさです。

ノルウェー王国最初の首都で中世の面影を色濃く残すトロンハイムにはノルウェー国王たちの戴冠式が執り行われたニーダロス大聖堂があり、王冠も常設展示されています。

大聖堂の外観彫刻の素晴らしさも必見ですよ。

北極圏最大の街トロムソは、白夜やオーロラといった北極圏特有の自然を体験できるところです。

ちなみに世界最北のビール工場があるのもここ。このマック・ビール工場では工場見学ツアーも実施していますので、地ビール愛好家の方はぜひおすすめです。

世界で最も北にある街・ハンメルフェストは北緯70度以北でありながら暖流のメキシコ湾海流の影響で真冬でも凍らない「不凍港」としても有名です。

春から夏にかけては白夜、冬はその逆の一日中太陽の昇らない極夜になるので、オーロラが見やすいですよ。

この街には北極熊のオブジェやマークがあちこちにあって、アットホームな北極熊博物館もありますよ♪

【フッティルーテンの魅力】


美しい街並みや大自然が作り出す奇跡のような風景と共に、フッティルーテンの船上生活もクルーズファンの心を捉えて離しません。

スタッフの多くがノルウェー西海岸・沿岸出身者なので地元愛が強く、ノルウェーの素晴らしさを乗客にわかって頂こうと努めています。

我が家にお客様を招いたかのような温かい接客対応でもてなしてくれるのがうれしいですね。

クルーズの大きな楽しみである食事に関しても「コースタル・キッチン(沿岸の台所)」をコンセプトにしており

新鮮なノルウェー地元産の素材を活かした寄港地の郷土料理を食べることが出来るんです。

200以上もの地元農家や漁師に協力してもらい、毎日500種類にもなる新鮮な素材を届けてもらいます。

大量生産の冷凍食品ではなく、カニやエビなども取れ取れピチピチ状態ですからおいしいのなんのって(^0^)

メニューも郷土料理が多数並び、トナカイ肉のローストや北極産の岩魚のソテー、グレン谷(ソグネフィヨルド)の農場で作られたオーガニックフレッシュチーズに

メレンゲとバニラ・アイスクリームで出来たクヴァル・フィヨルドケーキまで、夢中になってしまいます。

客室もコンパクトな内側キャビンから、リビングルーム付きのスイートまでいろいろありますので、ぜひ貴方もフッティルーテンの「世界で最も美しい船旅」をご体感下さい!




今なら無料でプレゼント!

クルーズ旅行の「秘密の情報レポート」
今なら特別に無料でプレゼント!