クルーズに持って行きたい和食


ilm22_bb02005-s

日本船籍のクルーズ船の場合には、

和食のサービスを受けることが出来る

クルーズ船が多くなりますが、

海外船籍のクルーズの場合には

和食はなかなか食べることが出来ません

長期間滞在することになるクルーズの場合には、

やはり日本人は和食が恋しくなることが

多いそうです。

とくに長期間の滞在になるクルーズ中には

場合によっては体調不良が起こることも

考えられますが、そのような時には

和食が食べたくなります。

そこでクルーズにはなにかしらの

和食を持参することをお勧めします

手軽に楽しむことが出来る和食としては、

お味噌汁や梅干しなどがありますよね。

梅干しは船酔いをした場合にも

口の中をさっぱりさせることが出来る

食材ですので便利です。

やや体調がすぐれないという時には

おかゆや雑炊といったものがあると

心強いのではないでしょうか。

レトルトタイプのものなども

市販されているのでお勧めです。

洋食でもちょっと和の調味料を

持っていくだけで

和食の味わいを楽しむことが出来るため、

醤油やワサビの小袋を持参するだけでも

かなり重宝します。

緑茶もクルーズ船では

飲むことが出来ませんので、

持参していくと良い和食になります。

昆布茶などもクルーズに持参すると

和を味わうことが出来る便利なアイテムです。
(´ー`*)

 




今なら無料でプレゼント!

クルーズ旅行の「秘密の情報レポート」
今なら特別に無料でプレゼント!