クルーズ船で食中毒にならないためには?



ilm09_ab04004-sクルーズ船で食中毒にならないためには、

まずは生食を避けます

クルーズ船はどうしても

海上を航行する為

食品の鮮度というのは

航行時間が長ければ長いほど

保つことは難しくなっています。

冷蔵庫や冷凍庫などは

しっかりと備えていますが、

できれば生食は避けましょう。

とくにカキの生食は

ノロウィルス感染の危険性がありますので

注意が必要です。

野菜などについても

できれば生野菜は避けて

温野菜を食べるようにします

クルーズ船内で食中毒が発生すると

生野菜は無くなることもあるそうです。

お肉などはレアはさけて

ミディアムレア以上の焼き具合のもの

選ぶようにするということも大切です。

やはり生食に近いレアのお肉は

細菌性食中毒が起こる原因にも

なってしまいます。

食事面では

このような注意点がありますが、

この他にも大切なことが

うがいと手洗いです。

これは防疫の

最も初歩とも言われていますが、

実はとても重要な事なのです。

手にウィルスや細菌が付着したまま

食事をすることで

そのウィルスや細菌を食べてしまうことに

なるそうです。

一般的にはウィルスなどは

胃酸のような強烈な酸には

弱いと言われていますが、

ノロウィルスは酸に強くアルカリ性に弱い

という特徴もありますので、

ハンドソープを使ってしっかりと

手洗いをするだけでも予防することが

出来ます。

(´・∀・`)ヘー
 

 




今なら無料でプレゼント!

クルーズ旅行の「秘密の情報レポート」
今なら特別に無料でプレゼント!