ザダール(クロアチア)はどのようなところ?


sunset_sea_beach_221767クロアチアのザダールは

神の霊感に満ちた地と言われています

ザダール港のあるザダル地域というのは

山岳や湖、さらに滝、渓谷、洞窟など

さまざまな自然美が数多くあり

国立公園もいくつもある美しい街です。

また古代に起原があるザダールは

アドリア海東海岸では最大の港町です。

独特な円形教会として知られている

聖ドナトゥ教会は、9世紀に創建された

ロマネスク以前の教会で、

とても優れた音響効果がある教会なのです。

この聖ドナトゥ教会では毎年夏になると

中世やルネサンス期の音楽祭が

開催されます。

夏は夜でもやや肌寒い日がありますので、

ザダールに行くときには

軽い上着は持っていくとよいでしょう。

この聖ドナトゥ教会の他にも、

聖ストシャ大聖堂

聖クルシェヴァン教会など中世の教会や、

旧市街地には古代ローマ時代の遺跡

などもありますので、

中世やローマ時代に

思いをはせることができる街です。

教会以外でも、ザダールの海岸から

旧市街の城壁に入っていく門の海の門

旧市街の青空市場なども

ザダール観光では

人気のスポットになっています。

映画監督のアドルフ・ヒッチコックが

最も美しい夕日が見える場所と称した

ザダール海岸通りには、

海のオルガンと呼ばれる

建築物があります。

建築物ですが、実はコンクリの下。

所々に穴が開いているところから

音を聞くことが出来ます。

実はコンクリの下に埋まっている

パイプに海風が入り音が鳴そうですよ

o(^∇^)o

 




今なら無料でプレゼント!

クルーズ旅行の「秘密の情報レポート」
今なら特別に無料でプレゼント!