国内クルーズなのに海外に行く理由は?


ship_boat_cruise_liner_222678国内クルーズは

日本船籍のクルーズ船で

日本国内を航行するクルーズ

いいます。

日本船籍のクルーズ船というのは

実はとても少なく、

現在海外クルーズも行うような

クルーズ客船は飛鳥Ⅱとにっぽん丸、

ぱしふぃっくびいなすの3隻

なっています。

この日本船籍の客船の場合には

純粋な国内クルーズラインを

運行することが出来ますが、

海外船籍の客船の場合には、

海外の港に

一度は寄港しなければならない


という規定があります

この規則のことをカボタージュといいます。

このというのは

交通に関係する規則の一つなのですが、

クルーズ船の他にも

航空会社などでも

このカボタージュという規則が

適用されているため、

外国の航空会社も

日本国内のみを運行する路線を

就航できません。

カボタージュ規則がある理由としては、

日本船籍の客船を

国際的な競争から保護する

という目的があります。

一般的に日本船籍のクルーズは

海外船籍のクルーズよりも料金が高い

と言われているのは、

このカボタージュ規則の為

とも言われています。

どうしてもパスポートなどの関係で

日本国内だけのクルーズがいい

ということでしたら、

日本船籍の客船でのクルーズを

選択すると、

パスポート要らずの国内クルーズを

楽しむことが可能です。

(☆^▽^☆)b

 




今なら無料でプレゼント!

クルーズ旅行の「秘密の情報レポート」
今なら特別に無料でプレゼント!