チュニス(チュニジア)ってどんなとこ?


tunisia_holiday_africa_1204032_hチュニジアの首都であり

美しい港町でもあるチュニス

クルーズの寄港地として

人気が高い街です。

チュニスの新市街は

綺麗な街並みが広がっていますが、

チュニスは歴史豊かな街で

旧市街も観光地として

人気があります。

北アフリカに位置する

チュニスの旧市街は

1979年に世界文化遺産として

登録されている都市です。

都市として世界遺産に

登録されている中では、

最も早い時期に登録されています。

13世紀にイスラム都市として

栄華を極めたこの旧市街は、

実は7世紀からその歴史が始まっている

と言われています。

旧市街の入り口になる

フランス門をくぐると

アラブ・オスマン時代の建造物

残っており、

さらにはスークという市場

賑わいを見せています。

スークでお土産物を探してみるのも

おすすめです。

バルドー博物館に行ってみると、

数多くのモザイクを

見ることが出来ます

このバルドー博物館自体もかつて

オスマン帝国時代に地方

長官が宮殿として利用していた建物

ですので、

建物自体も美しく見ごたえがあります。

この宮殿の壁にも

数多くのモザイクを展示しています。

チュニスで人気の高い

海神であるオケアノス、

さらにポセイドンやビーナスなどが

描かれたモザイク

ため息が出るほど美しいので、

ぜひご覧ください。

(☆^▽^☆)b 

 




今なら無料でプレゼント!

クルーズ旅行の「秘密の情報レポート」
今なら特別に無料でプレゼント!