済州島(チェジュ島)の観光と独自の文化


jeju_korea_seashore_216230

城邑民俗村

(ソヌプミンソクマウル)
 

独特の萱葺きの屋根と


黒い溶岩石を積み重ねた石垣

懐かしさと共に

過酷な自然と向き合いながら

生きてきた人々の姿を感じさせます。

土壌は火山灰中心なので

水はけが良すぎて、

飲み水の確保にも困るため、

雨が降ったら水甕に

雨水を貯めておけるよう、

庭の木々には

萱を三つ編みにしたものを縛りつけ、

その先を水がめに入れて

木に降り注いだ雨水も残さず

貯めて置けるように

しているそうです。

常に雨が降るとは限らないので、

この村では女性が

10kgもの水がめをかついで

何往復もし、水を汲みに行くのが

日々の仕事だそうです。

女の赤ちゃんが生まれたら

お祝いに水がめを贈る風習まで

あるほどです。

そしてこの村の萱葺き屋根の下には、

漢方薬として有名な

冬虫夏草がよく育つので、

この地を訪れた観光客は

お土産として

よく買っていくそうですよ。

(´・∀・`)ヘー

 




今なら無料でプレゼント!

クルーズ旅行の「秘密の情報レポート」
今なら特別に無料でプレゼント!