ベニスの景色がクルーズ船からもう見られない?



214587水の都としても知られているベニスは
とても美しい街として有名ですよね。
さらにこの町の美しい景色は
クルーズ客船などで入港する時の
風景は格別の美しさだと
言われています。
しかし、2015年1月以降になると
この美しいベニスへの入港が
出来なくなり、クルーズ船からの
ベニスの景色を楽しむことが
出来なくなると言われてています。
どうしてなのでしょうか。
クルーズ客船は昔に比べると
とても巨大化しており、その姿が
ベニスの町並みにはそぐわない
ということが、
前から住民の間で
不満が高まっていたそうです。
問題になっているのは
ジュデッカ水路を航行する
クルーズ客船です。

この水路を航行することで、

観光名所のサンマルコ広場に
300m以内にまで近づくことが
できます。
巨大なクルーズ客船では
このサンマルコ広場を
上から眺めることが可能で、
その風景がとても美しいと
評判でした。
しかし、この巨大な船体が
街に入り込んでくる様は、
街の景観を損ねるとして
2013年11月24日までに
2014年1月より本島付近での
大型客船の航行を規制することを
行政当局が決定したそうです。

しかし、すべての客船の航行が
禁止されたわけではありません。
では、この規制の内容というのは
どのようなものになるのでしょうか。
まず9万6000トンを超える
客船については
ジュデッカ水路の航行が禁止
されます。
さらに、4万トン以上の客船も
一日の入港は5隻までと制限
かかります。
日の出と日没の間の航行も禁止
されます。
では、この規制によって
巨大クルーズ客船を所有している
船会社各社はどのような対策を
とるのでしょうか。
MSCクルーズなどは、
イタリアの当局と協力をして
ベニスを通らないで別ルートで
地中海に出るように検討をしている
そうです。
各クルーズ会社は
10万トンクラスの客船を
航行していますので、どうしても
ベニスの大型客船規制によって
規制を受けることになります。
実はこれは船会社にとっても痛手
ではありますが、
ベニスの観光収入も減るのではないか
という懸念もあると言われています。
そのため、実は
この航行禁止の規制については、
まだ代替路線が決定しておらず、
一時的に規制について保留している
ともいわれていますので、
今後の成り行きが気になるところです。

( ̄∇ ̄*)ゞ

 




今なら無料でプレゼント!

クルーズ旅行の「秘密の情報レポート」
今なら特別に無料でプレゼント!