飛鳥クルーズのドレスコード・服装は?



askadoress0105日本が誇る豪華客船「飛鳥Ⅱ」。

お客さんの中心は70代を
はじめとした高齢の方々なので、
服装も落ち着いたものが多いです。

外国船では思い切ったデザインや
色鮮やかなドレス姿も目立ちますが、
飛鳥のクルーズではグレーなど
渋めの色目、
シンプルなデザインのドレス

フォーマルディナーに臨まれる
方が多いですね。

肌の露出も控えめなので、
周囲から浮きたくない方は
落ち着いたドレスにするか、
訪問着などの和服がおすすめ
です。

また、ドレスコードには
カジュアル・インフォーマル・
フォーマルの三種類が設定

されています。

飛鳥の場合、カジュアル
ディナーの日でも
インフォーマル寄りの
服装をされる方が多い
ようです。

それに日中の服装も
船内のパブリックスペースに
いる時は、いくらカジュアルと
いってもTシャツやジーンズ、
短パンやジャージなどは
控えなければなりません

特に女性の場合、
ミュールサンダルは厳禁です。

若い人に人気のサンダルですが、
もともとは室内履きですから
外で履くのに不向きですし、
揺れやすい船上では
足元が安定しない靴は危険です。

飛鳥のカジュアルドレスコードにも

「下駄、草履、サンダル(かかとの 
 固定されていないもの)は、 
 終日ご遠慮ください」

とあります。

そして男性の場合、披露宴や葬式で
着る黒の略礼服を着る方が多いの
ですが、パーティという場には不向き
です。

タキシードには抵抗があるという方
には、濃い紺色やチャコールグレー
などの上着を合わせてみる
のはいかがでしょうか

それでもためらうという方は、
鮮やかな色目やデザインのネクタイ
華やかにしてみるのもいいでしょう。




今なら無料でプレゼント!

クルーズ旅行の「秘密の情報レポート」
今なら特別に無料でプレゼント!