クルーズ船室のトイレやお風呂が知りたい


29toileto&busクルーズ船は
「海の上の動くホテル」
とよく称されますが、客室の中の
トイレやお風呂はどんな感じなのでしょうか?

【トイレ】

各客室についています。

イメージとしてはビジネスホテルの
トイレですね

洋式タイプで洗面所と一体になっています。

海水を浄化した水(飲むことは
できません)を使って水洗式に
なっていますが、水は最小限で
バキュームの力で流すというか
吸い込むシステムです。

新幹線のトイレでよくあるタイプですね。

海外船籍の船の場合、
ウォシュレットは
ほとんどありません
ので
気になる人は
携帯用洗浄機を持参するか、

食器用コンパクト洗剤の
空き容器などを
準備して、水を入れて使うという
手もありです。

【お風呂】

客室のお風呂は部屋のランクに
よってバスタブがあるかないか
違ってきます

基本は小さなシャワーブース
のみでバスタブはありません。

スイート以上になってくると
バスタブがつくパターンが多いです。

日本船の飛鳥Ⅱのように、
全室にバスタブがついている
という客船もありますが、
外国のクルーズ船の場合、
スタンダートタイプの客室では
まず付いていません

お湯に浸かりたいという場合は
プールのジャグジーで代用
することができます。

ただし水着を着用しなければ
いけませんし、体を洗うという
こともできませんが(笑)

ただ、最近ではダイヤモンド・
プリンセスのように
日本式大浴場を備えた
クルーズ船も出てきています

ダイヤモンド・プリンセスの
「泉の湯」は壮大な海を
眺めながら浸かれる大浴場や
露天風呂、

ドライサウナにミストサウナ、

打たせ湯に足湯もあるので
お風呂好きな日本人にはぴったりですね。

 




今なら無料でプレゼント!

クルーズ旅行の「秘密の情報レポート」
今なら特別に無料でプレゼント!