船上で病気になったらどうなるの?


05byouki0510クルーズ船には医務室があり、
医師1~2名と看護師2~4名が
乗船して病気やケガなどの
対応処置をしてくれます

例えば船酔いをした場合でも
酔い止めの薬を処方してもらえます。

ただ、一般的な薬しか用意して
いないので、特殊なものや自分に
あった薬が処方されるとは限りません。

診察室とレントゲン室、簡単な
検査室がある程度ですので、
手術をしたりMRIやCTスキャンを
取ったりする事はできません

また、船上で大きなケガをしたり、
重篤な病気になった場合は
医師の判断で最寄の港の病院などに
運んだりすることもあります

その際、もしも終日クルージング
などで沿岸から遠い海の上を航行
していて一刻を争う病状となれば、
ヘリコプターで陸地の病院に
運び込まれる事もありえます

そうなると、そのヘリの高額な費用
も治療費もすべて自費で支払わなければなりません

オールインクルーシブのクルーズの場合

「どうしてお金がかかるの? 
クルーズ料金に全部含まれて 
いるんじゃなかったの?」

とびっくりする人もいるかも
しれませんが、飲食費などと
違って船内の医療費はすべて
実費となります

たとえ日本国内のクルーズで
あっても、保険診療は効きません
ので全額負担となります

一般的な医療機関と違って乗客
及び乗員しか利用できない特殊な
医療施設
であるため、
保険診療対象とならないのです。

ですから酔い止めをはじめ、
普段の生活でよく使う鎮痛剤や
胃腸薬、また持病の薬などは
自分で持参し、むやみに船内の
医務室のお世話にならない準備を
したほうがいいでしょう

そしてヘリに乗らなければ
いけないような重大な事態に備えて
治療・救援費用が無制限になる
海外保険をかけておいたほうがいいですね

 




今なら無料でプレゼント!

クルーズ旅行の「秘密の情報レポート」
今なら特別に無料でプレゼント!