北欧クルーズってどんな感じ?


23hokuou0524夏のクルーズでおすすめしたいのが
北欧クルーズです

北欧とは北ヨーロッパ、
スウェーデン・デンマーク・
ノルウェー・フィンランドなどを指します。

ノルウェーのフィヨルド
(氷河による浸食作用で出来た
 複雑な入江)を見るコースや、

スウェーデンのストックホルム、
フィンランドのヘルシンキから
ロシアのサンクトペテルブルクを
めぐるバルト海コースなどが人気です。

夏の北欧クルーズの魅力は、まず
その過ごしやすさでしょう

30度近い暑さと湿気に苦しむ東京に
比べ、7月で17度くらい。
8月になるともう秋の気配なのです。

そして北欧名物の白夜とオーロラ

大自然が魅せる圧倒的な光のショーは
他のエリアでは味わえない景色ですね。

フィヨルドの自然造形の素晴らしさは
見飽きることがありませんし、
雄大な滝の数々も見どころです

ストックホルムの王宮や
中世の建物を利用した優雅なホテル
やカフェも異国情緒たっぷりです

大聖堂や教会が建ち並ぶヘルシンキ
では新鮮な魚介・野菜・果物が
楽しめるマーケットもおすすめ

そしてサンクトペテルブルクでは
女帝たちが増築・改築を重ねた
美しいエカテリーナ宮殿や、

女帝エカチェリーナ2世が作らせた
ロシア語で“隠れ家”という名の
エルミタージュ美術館も見逃せません

レオナルド・ダ・ヴィンチや
ラファエロの宗教画に
レンブラントやルーベンスの神話絵画。

ルノワールやセザンヌ、モネに
ゴッホなど印象派まで集めた
この美術館は建物からして世界遺産
に登録されている、本当に素晴らしいものです。

絵が好きな人なら絶対に訪れて
欲しい場所
ですね。

また、猫好きの人も
エルミタージュ美術館はおすすめです

なぜならここは美術品をかじる
ネズミ対策として、多数の猫を飼っている
のです。

女帝エカチェリーナ2世が猫を
「絵画護衛官」に任命して以来、
250年にわたって代替わりしながら
美術館内を我が物顔に闊歩する
猫警備員たちに会いに行ってみませんか?

 




今なら無料でプレゼント!

クルーズ旅行の「秘密の情報レポート」
今なら特別に無料でプレゼント!