クルーズ船ではバルコニー付きの部屋にした方が良いの?



0719-25クルーズ船の客室には内側の窓なし、

開かないけれど窓あり、開けられる窓あり、

掃き出し窓からバルコニーに
出ることができるものなど、
部屋のランクによって様々なものがあります

バルコニー付きの部屋だと
バルコニーには椅子とテーブルが
置いてあることが多く、

海風を感じながらゆったりと
ルームサービスの朝食を食べたり
出来るので、クルーズ船の旅を満喫できます

また、地中海など島々や沿岸の
街並みの眺めがいいエリアや、
氷河が見事なアラスカクルーズでは、
部屋に居ながらにして素晴らしい
景色を眺めることが出来るので
おすすめ
ですね。

ただ、バルコニー付きの部屋は
値段が高いですし、

寒い季節や寒いエリアのクルーズ、

またハリケーンに当たりそうな時期
のクルーズではわざわざバルコニー
に出ることがない
かもなので
もったいないかもしれません。

ハネムーンで2人だけの時間を
たっぷり持ちたい方、
船内の施設よりも部屋でのんびり
ゆったりと過ごしたい人には
バルコニー付きの部屋がおすすめ
ですが、

沿岸の景色があまり見えない、
大海原を終日クルーズすることが
多いコースの場合は、景色に
代わり映えがしないので、
バルコニーがなくてもいいかもしれません

それにチェアのあるデッキに出れば
プライベートではないものの
バルコニー気分が味わえますから、
必ずしもバルコニー付きの部屋が
必要とまではいえないでしょう

最近は窓のない内側の部屋でも
壁に大型窓を模したスクリーンを
設置して、外の景色をバーチャルで
眺められるものもあります
し、

船内のプロムナードを見下ろせる
窓がある部屋では、パレードや
イベントなどを部屋から楽しむこと
ができたりします。

バルコニー付きの部屋でも
そうでない部屋でも楽しみ方は
いろいろありますから、
じっくりと検討してお部屋を選びましょう

 




今なら無料でプレゼント!

クルーズ旅行の「秘密の情報レポート」
今なら特別に無料でプレゼント!