クルーズ船内での服装はどんな感じ?


1018-13【ドレスコード】

クルーズ船にはドレスコードと

言って、

カジュアル・インフォーマル・

フォーマルの3種類の服装マナーが

定められています。

船内では毎日フォーマル、という

わけではなく、船内新聞などで

「何日目はフォーマルデー」

とお知らせがあります。

しかし、これは原則夕方以降の
ルールであって、昼間はリラックス

したスタイルで大丈夫です。

とはいっても、船の種類によっては

ある程度品のあるスタイルを求められます。

大型のカジュアル船などでは

Tシャツに短パンでもOKなことが
多いですが、

ラグジュアリー船やブティック船など
ランクの高い船では

日中でもポロシャツなど襟の付いた

トップスにジャケット&スラックス。

女性は肌を露出しすぎない服装が
好まれる傾向にあるようです。

こういったカジュアルだけれど

品のあるスタイルを
スマートカジュアルといいます。

フォーマル・インフォーマルの日は

夕方以降、レストランをはじめと
したパブリックスペースでは

このドレスマナーに従った服装で

いなくてはいけません。

しかし、自分の客室など人目に

付かない場所では、もちろん

好きな格好でくつろげます。

【着物はフォーマル、浴衣はNG】

フォーマルデーのディナーには

イブニング・ドレスにタキシード

など、普段の日本の生活では

なかなか体験できないファッション

を楽しめます。

でも、外国船では一番注目を集めて
人気が高いのは着物です。

日本ならではの伝統美は外国の乗客

の憧れの的なのです。

自分で着付けが出来る人は訪問着
などを持参してゆくといいでしょう。

ですが、いくら着物でも浴衣は
「寝間着」ですからフォーマルの場
で着るのはマナー違反です。

男性の甚平もホームウェアですし、
作務衣も本来はお坊さんの作業着
ですからこれもNGです。

結婚披露宴に出られるような着物、

という認識で選びましょう。

 




今なら無料でプレゼント!

クルーズ旅行の「秘密の情報レポート」
今なら特別に無料でプレゼント!