クルーズ船内で病気になったらどうしよう


05byouki0510クルーズの旅は平均して
1週間
くらいが多く、
世界一周など長いと

1年くらい乗船していることもあります。

体調を崩したり病気になったり

することもありえますが、

そんな時はどうすればいいのでしょうか。

【医務室に行く】

国際規約では

「100人以上が乗船し、3日間以上の
 国際航行を行う場合または十分な
 医療設備を備えた寄港地から、

 1日半以上の航行を行う場合は
 医師の資格を持つ者を乗船させ
 なければならない」

となっています。

ですからほとんどのクルーズ客船

には医師がいます。

一般的には1~2名の医師と2~4名の
看護師が乗船しており、

船内には診察室・レントゲン室・
検査室など基本的な設備が備わった
医務室があり、

午前と午後それぞれ

2時間程度診療時間を設けています。

もちろん緊急時には24時間体制で
診察・治療・薬の処方をしてもらえます。

場所や診療時間は基本的に船内新聞

に記されていますが、わからない

場合はクルーに

「Where is the Medical office?
(医務室はどこですか?)」

と聞いてみましょう。

【問診は英語、保険は利かない】

ただし、クルーズ船の医師や看護師
は日本人とは限りません。
問診も英語になりますから、英語が

苦手な人は自分の症状を訴えるのも

難しいかもしれません。

「病院での英語フレーズ」

などをあらかじめチェックして

おいたほうがいいですね。

そして船内での診療は日本国内の

ように社会保険・健康保険が

利きませんから実費負担になります。

病状によっては寄港地で現地の病院

に入院・手術などもありえますし、

終日航海中の緊急事態となったら

ドクターヘリで搬送ということも。

そうなると莫大な費用がかかります
ので、旅に出る前に必ず海外旅行
医療保険に入っておきましょう。

日本に帰国後、
健康保険の申請をすれば
治療費が返ってきますので
社会保険事務所に相談しましょう。

 




今なら無料でプレゼント!

クルーズ旅行の「秘密の情報レポート」
今なら特別に無料でプレゼント!