ダイヤモンド・プリンセスでの服装が知りたい



【スマートカジュアル=ホテルのレストランに行く感覚!】

1018-13

日本生まれの豪華客船、
ダイヤモンド・プリンセスの
ドレスコードは
スマートカジュアルと
フォーマルの2種類
です。

スマートカジュアルというのは、
たとえて言えば
ホテルのレストランに食事をしに行くときの服装ですね。

男性の場合はジャケットやブレザーなどを着用し、襟のついたシャツを着てズボンはスラックス。

靴は革靴で、ローファーなど少しカジュアル系のデザインが

いいでしょう。ネクタイはしなくてかまいません。

女性の場合はワンピースやツーピース、ブラウスにスカートやパンツでもOKです。

靴はパンプスなどつま先やかかとをかくした上品なデザインがおすすめです。

男女共に絶対に避けたいのはTシャツやタンクトップ、Gパンやカーゴパンツ、短パンにハーフパンツといった軽装です。

靴もサンダル(ビーチサンダルも)やスニーカーは完全にカジュアルと言うかラフになってしまいますのでNGです。

あと、こういったドレスコードは1日中ではなく、
17:00以降から就寝まで
です。

それもパブリックスペースのみですので、ご自分の客室に居る時はリラックスした格好で居ても全然問題ありません(^^)

その日のドレスコードは船内新聞に掲載されますので毎日チェックして下さいね。

【フォーマル=晩餐会~結婚披露宴に出席する感覚!】

2small

フォーマルは正装になりますので、イメージとしては晩餐会
(ノーベル賞受賞晩餐会や宮中晩餐会など)の時の服装が近い
ですね。

ただ、ダイヤモンド・プリンセスの場合はプレミアム船のランクになるので、セミフォーマル(準礼装)にあたる装い、イメージとしては結婚披露宴に出席する時の服装でもOKです。

男性はタキシードまたはダークスーツにネクタイは必ず着用です。

靴も黒の革靴でつま先に横一文字の縫い目が入っているストレートチップと呼ばれるデザインが礼装用です。

靴紐のところも甲の内側に羽部分が入っている形でなくてはいけません。

女性の場合はイブニング・ドレスかカクテルドレス。

夜なので胸元や背中、肩を出したデザインが基本です。

デザインはスレンダータイプのシンプルなラインがおすすめです。

ショールやアクセサリーで華やかに飾るといいですよ。

靴はつま先とかかとが見えないデザインの、細いハイヒール(5cm以上)がいいでしょう。

ハイヒールは歩きにくい、という方にはやや低めのパンプスにしてもかまいません。靴の素材はできれば、エナメルやシルクなど光沢のあるものを選んで下さい。

3

そして日本人女性の礼装といえばやはり着物がおすすめです。

着付けが出来る方は訪問着など結婚披露宴に出る格式のものをぜひ持って行って下さい。

外国人の乗客からは絶賛されて、
記念撮影の依頼が殺到しますよ。


船長との記念撮影でも特に喜ばれることでしょう。

(カジュアル船やダイヤモンドプリンセスではこの限りではありませんのでご心配なく。)

【観光の際は動きやすいスタイルで!】

IMG_2108

クルーズの旅は寄港地での観光も大きな楽しみですね。

その時はもちろんドレスコードに縛られる必要はありません(笑)お好きな服装で大丈夫です。

でも最優先されるのは、なんと言っても「動き回りやすいスタイル」
と言うことです。

まず靴は履きなれたものを。スニーカーなどがおすすめです。

上はポロシャツやTシャツ、下はGパンやハーフパンツ、カーゴパンツなど楽なものをどうぞ。

ただ、観光する場所によっては宗教上の理由で肌の露出を控えなければいけないところもありますので、服装は長袖長ズボンにするなど事前にチェックしておいたほうがいいですね。

IMG_4409
マリンスポーツを楽しまれる場合は水着やタオル、ビーチサンダルなどもお忘れなく。

また、海外は陽射しがとてもきついので帽子やサングラス、
UVカットできる上着
など用意されておかれるといいですよ。
日焼け止めも下船前に持って行かれることをおすすめします。

スマートカジュアルの説明のところでも書いていますように、観光など日中の服装は自由ですが、夕方17時を過ぎると船内ではドレスコードを守らなくてはいけません。

ラフな格好のままでメインダイニングに行くと
マナー違反
になります
ので、客室に戻ってスマートカジュアル

(フォーマルナイトの場合は正装)に着替えてからお食事に行って下さいね。




今なら無料でプレゼント!

クルーズ旅行の「秘密の情報レポート」
今なら特別に無料でプレゼント!