ダイヤモンド・プリンセスでの食事はどんなの?


【日本人の味に合った食事を提供!】IMG_4206

日本生まれの豪華客船ダイヤモンド・プリンセスの食事は「日本人に合う」と評判です。

船内にはメインダイニングがインターナショナル、パシフィック・ムーン、サンタフェ、サボイ、
ビバルディの5つもあって、乗客はそれぞれ割り当てられたダイニングで夕食を食べることが出来ます。

これらのダイニングでは日本語で書かれたメニューも
用意されているので、英語が苦手な方も安心して注文を選ぶことが出来ます。

フォーマルナイトなど船内で大きなイベントがある時はコースメニューが限定されていますが、基本的に好きなものを好きなだけ注文することが出来ます。

海外のクルーズ客船の場合、料理の量が多すぎたり、味付けがワンパターンだったり、肉が硬かったりという

感想も多いのですが、ダイヤモンド・プリンセスに ついては

「どれも美味しかった」

「一品一品が程よい量で食べやすかった」

「酢の物など日本人に合う味付けでよかった」


と好評の声が多い
ですね。

30_R

また、朝食ではご飯にみそ汁、焼き魚に小鉢に香の物といった和朝食を食べることが出来ます。

魚の種類は鮭・サバ・さんまなど毎朝変わっていたり、ご飯の替わりにおかゆを選べたりと細やかな心遣いを感じますね。

ビュッフェレストランのホライゾン・コートでもいろんな料理と共に日本食を選ぶことが出来ます。

串かつ、手巻き寿司、うどんやそばにラーメンまでも用意されているので飽きが来なくてうれしいですね。

お寿司は外国のお客さんにも人気ですぐなくなるそうなので、早めに行って食べましょう!

【スペシャリティレストランでは寿司・ステーキ・イタリアン!】

56_R

メインダイニングの他に、追加料金を払って利用できるスペシャリティレストランもあります。

寿司レストラン

「海(Kai)寿司」
では
日本のお寿司屋さんと同様にカウンターの向こうに板前さんが居て、目の前でお寿司を握ってくれます。

握り寿司の他にも刺身やみそ汁に海鮮うどん、ランチタイムには刺身や握り寿司、海鮮丼にサラダやミニうどんをセットしたランチメニューもあるのです。

さらに日本各地の銘酒もあり、2016年のクルーズでは醸し人九平次賀茂鶴庭のうぐいすなど人気の高い銘柄を揃えていました。

もちろんビールやワイン、シャンパンもありますよ。

肉料理がお好みの方には、目の前の高級熟成肉から選んでシェフがお好みの焼き加減で調理する「スターリング・ステーキハウス」
がおすすめです。

肉はもちろんのこと、サイドメニューのクラムチャウダーも人気が高いです。

そしてスペシャリティレストランの中で最も人気が高いのは、高級イタリアンレストラン「サバティーニ」です。

IMG_1737

イタリア・トスカーナ地方の正当な味わいと雰囲気を楽しめるこの店では、新鮮なシーフード料理に本場のパスタ、ティラミスなどイタリアンスイーツも満喫できます。

ロブスターはプリプリしていて、濃厚なソースが最高に美味しいと口コミにも挙がっていますよ♪

【豊富なメニューのビュッフェ、焼きたてピザが美味しいピッツェリア!】

a2

ビュッフェレストランのホライゾン・コートで和食が味わえることは先に書きましたが、こちらのビュッフェはとにかくメニューが豊富!

サラダバーの生野菜はすごく新鮮で、ドレッシングもごま、イタリアン、フレンチ、バルサミコ、味噌、クリーミーチーズなど

種類多く揃えてあるのでうれしいですね。

朝食用にはハムやベーコン・ソーセージも多数並び、ベーコンもカリカリタイプとしっとりタイプの両方あります。

パンもトースト用からクロワッサンタイプ、フレンチトーストにパンケーキ、焼きたてワッフルまでよりどりみどりです♪

ランチタイムからディナータイムにかけてはローストビーフなど肉料理も多彩に登場しますよ!

そしてプールサイドにあるファーストフードコーナーも大人気!

20_R

ピッツェリアの「プレーゴ(イタリア語で ”どうぞ” )」では常に3種類のピザが焼かれていて、定番のマルゲリータとペパロニに日替わりのピザが加わります。

これがスライスでもお皿にどーんと乗るくらい大きくて、とっても美味しいんです(^^)

隣の「トライデント・グリル」ではハンバーガー、ホットドッグ、チキンサンドやフライドポテトが食べられます。

これがまた美味しいのなんのって!

乗客の口コミでは「毎日食べたかった」 「クルーズ中3回は通いたい」
と大好評です。


このように、ダイヤモンド・プリンセスの食事はどこで何を食べてもハズレなしの美味しさですね♪




今なら無料でプレゼント!

クルーズ旅行の「秘密の情報レポート」
今なら特別に無料でプレゼント!