クルーズ船内での過ごし方が知りたい


【クルーズ船は海の上のホテル!】

1227-17 

クルーズ船はよく「海の上のホテル」と言われますが、普通のホテルと違って景色がどんどん変わってゆくので、客室から外を眺めているだけでも素晴らしい風景が楽しめます。

バルコニー付の部屋ならデッキチェアーに座って日がな一日のんびり過ごすのもおすすめです。

ランチをルームサービスで取って、海を眺めながら食べるのもクルーズならではの贅沢な過ごし方といえるでしょう。

そしてクルーズ船の楽しみといえば食事です。

朝・昼・夜の3食及びビュッフェのスイーツ・軽食などは乗船料金に含まれているので、いわば食べ放題です。

朝からお腹いっぱい食べるのもいいですが、朝一番の食事は控えめにして、11時頃にブランチを食べてみるのはどうでしょう。

アフタヌーンティーでもスイーツやサンドイッチを楽しむなど、いろんな時間帯に美味しいものを少しずつ食べるのもいいですね。

ただし、船の上であまり食べると運動不足のため太ってしまいやすいので(笑)船内見学を兼ねて散歩したり、アトリウムの豪華な階段を昇り降りしたりするなど、適度な運動もお忘れなく!

夕方はぜひデッキに出て、水平線に沈んでゆく夕陽の素晴らしさをご堪能下さい。

そして夜もディナーを終えたらぜひデッキから満天の星空の美しさを味わって下さい。

普段の生活ではなかなか観ることが出来ないこんな風景が、クルーズの醍醐味といえるでしょう。

【多彩なイベントで退屈知らず!】

IMG_0736_R

乗船したらまず一番にチェックしたいのが「船内新聞」です。

これは毎日配布されるクルーズ情報紙で、寄港地の発着時間や入出国手続きの案内などの重要な情報をはじめ、船内で行われる多彩な無料イベントの案内も載っています。

例えばプリンセス・クルーズのある終日航海日のプログラムを見てみましょう。

朝はダンスエクササイズ教室に始まり、日本の楽器尺八を紹介するレクチャー教室も。

そしてアトリウムでは船のスタッフと一緒に楽しめる「カーペットボウルズ」も開催されます。

これは目標となる球に向けてカーペットの上でボウルを転がし、目標球との距離が近いほうが勝ちという競技。誰でも手軽にできるので人気がありますよ。

シアターではジュリア・ロバーツ主演映画「白雪姫と鏡の女王」が上演され、ダイニングルームではアートクラフト教室。

「ジャーナルメイキング」というと何を作るのかわかりづらいですが、市販のノートにラッピングペーパーやカード、リボンなどを飾り付けをして自分だけのオリジナルノートを作るペーパークラフトなんです。

クルーズの旅で撮った写真を後で貼り付けて、アルバムにしてもいいですよね。

総料理長とレストラン支配人が紹介する料理のデモンストレーションと厨房見学ツアーは定番イベント。

この他にもスタッフと競う卓球トーナメントや健康デトックスとダイエットのフィットネスセミナーが開催されます。

こんなに多くのイベント、実はすべて午前中に行われているんですよ!

午後からもさらに多彩なイベントが盛りだくさんなので、退屈なんてしてるヒマがありませんね(^^)

【カジュアル大型船はアミューズメントパーク!】

IMG_6635

家族連れで乗船の方におすすめしたいのは、カジュアルクラスの大型船です。

特にロイヤル・カリビアン・インターナショナルの世界最大級クルーズ船は「洋上のアミューズメントパーク」と名高く、多彩なアクティビティの楽しさは子供から大人まで夢中にさせてくれますよ。

では代表的なアミューズメントをご紹介していきましょう。

ロッククライミング 

ロイヤル・カリビアン・インターナショナルの全船で楽しめるロッククライミングウォール。

海風が吹き付ける中、海上50~60mの壁面を登ってゆくのはスリル満点!

船上サーフィン 

デッキの上に奥行き12mの理想的な波を再現。船上ですから安全にサーフィンやボディボードを楽しめますよ。

アイススケート 

「船の中なのにスケート?」とビックリされるでしょうが、本当にあるんです。

貸靴も用意されているので気軽にチャレンジして下さい。

夜は華麗なアイススケートショーも上演されますよ。

この他にも船によってはバンジートランポリンやスカイダイビング体験、海上90mの展望クレーンカプセルなど、船の上とは思えないアミューズメント施設がどっさり。

子供さんは寄港地観光よりもずっと船で遊んでいたがるほど楽しさいっぱいです。

クルーズ船内での過ごし方は船によっても乗る人によっても実に多種多様な楽しさがありますよ!




今なら無料でプレゼント!

クルーズ旅行の「秘密の情報レポート」
今なら特別に無料でプレゼント!