クルーズの服装・ドレスコードはどうすべき?


クルーズにはどんな服装がいい?

【動きやすい服装が一番】

「クルーズ船はいくらでも荷物を持ち込めるから、服もいろんなものをいっぱい持っていけばいい!」

そうお思いの方もおいででしょうが、家から港までの移動時は自分で運ばなければいけないのをお忘れなく。

日本発着クルーズなら宅配便などと連携しているサービスもありますが、海外の港からの乗船であれば、飛行機での移動の際は荷物の大きさや重量制限がありますし、現地で港からホテル、港への移動時も荷物が多いと大変ですよ。

ですからやはり、服装もポイントを絞って選んでおいたほうが絶対いいです。

まずは乗船時や観光時。なんといっても動きやすい服装が一番です!

というとTシャツに短パンをイメージされる方も多いかもですが、船のランクによっては船内ではカジュアルすぎると浮いてしまいますので、ポロシャツなど襟付きのシャツにスラックス、チノパンを基本に考えるといいでしょう。

気温の差が激しいこともあるので、ジャケットもあると便利ですよ。

女性も同じようなスタイルにカットソーやブラウス、スカートの場合は裾の長さが短すぎない(ひざ丈くらい)ことを意識すると無難ですよ。

女性の場合は特に冷え性の方も多いので、はおりものなどを用意しておくことをおすすめします。

もちろんこれだけと限定するわけではなく、リゾート地観光用のTシャツに短パン、Gパンなども持っていかれるといいでしょう。

ただしGパンの場合は穴あきなどダメージが目立つものはマナー違反になりかねませんのでご注意くださいね。

【夕方以降はドレスコードに従う】

クルーズ船ではドレスコードという、服装のルールが定められています。

大きく分けてフォーマル(スーツやイブニングドレスなどの正装)・インフォーマル(披露宴や高級ホテルのレストランなどでの服装をイメージ)・カジュアル(乗船時のような、襟付きシャツに長ズボン、ブラウスにスカートなど)の3種類に分けられます。

どの種類の服装なのかは事前に配布されるガイドブックやスケジュール表、毎日配布される船内新聞に記載されていますので確認しましょう。

ただし、これは1日中そのルールに従わなければいけないというわけではなく、夕方・ディナータイム以降はそのルールに沿った服装をするということです。

メインダイニングやスペシャリティ・レストランといったパブリックスペースではこのドレスコードに沿った服装でないと入店できないのでご注意下さい。

もしもその日のドレスコードに従いたくない、あるいはフォーマルドレスの準備を忘れて乗船してしまった、という場合はルームサービスを取ったり、ブッフェなどドレスコードに縛られない飲食スポットで食事を取るといいでしょう。

クルーズ船のカテゴリーでカジュアル船の場合は、フォーマルと言ってもカジュアルにジャケットを着たようなスマートカジュアル的服装でもOKな場合が多いですが、

クイーンエリザベスなどラグジュアリー船の場合は、かなり厳格な服装規定がありますのでご注意下さい。

【持って行くと便利な服装】

フォーマルドレスというと、外国のパーティでよくあるように肩を出したり体のラインがはっきり出たりして、日本人としてはちょっと恥ずかしいというか、着るのに勇気が要る人も多いのでは?

ご自分で着付けが出来る人でしたら、ぜひ和服をおすすめします!

露出度が低くて気になるウエストや足の太さなどもカバーできますし、何よりも注目度が高くなってハナタカ気分も味わえますよ♪

「着物までは何とか着れるけど、帯結びが難しい…」という方には巻いて挿すだけのワンタッチ軽装帯(作り帯・付け帯)はいかがでしょうか。

ただし、着物といっても浴衣や甚平などは湯上りに着たりホームウェアみたいなものですから、フォーマルな場で着るのは大変失礼なことですから要注意です。

結婚式に着てゆく訪問着や色無地以上を選びましょう。

また、船内のロビーやカフェ、デッキなどはいわば公共の場ですので、ドレスコードがない日中もスマートカジュアル的な身だしなみを要求されることがあります(ラグジュアリー船ならなおのこと)。

でもどうもくつろげない…という場合は、客室内で着られる部屋着を用意しておくといいでしょう。

バスローブはスイートクラス以上の部屋でないと用意されていないことが多いので、ルームウェアやパジャマなどを持って行くと便利ですよ。

あと、服装に合った靴も持っていくのをお忘れなく!

ドレスコードって何?

【大きく分けてドレスコードは3つ】

クルーズ船に乗る際、気になるのが「ドレスコード」です。

これは「服装の規定」の事を指し、もともとは周囲への配慮・気配りから始まりました。

たとえば高級ホテルでの結婚披露宴なのにTシャツとGパンで参加する人が居ると、新郎新婦や礼装で出席している人たちは馬鹿にされたような、不愉快な気分になりますよね。

また逆にTシャツとGパンで出席した側にすれば「こういう場ではどんな格好をすればいいのかわからなかった」というかもしれません。

そんなすれ違いがないようにルールを定めた、それがドレスコードなのです。

ドレスコードは大きく分けて3つに分かれます。

・カジュアル(長ズボン・襟付きシャツ・ブラウス・ひざ丈スカートなど)

・インフォーマル(ジャケットにネクタイ・ワンピースなど)

・フォーマル(スーツにネクタイ・イブニングドレス)

これにスマート(またはエレガント)カジュアル(カジュアルにプラスしてジャケットなどを着る)という、カジュアルとインフォーマルの間くらいのイメージのコードも含まれることがあります。

というのも「カジュアル」というとTシャツやタンクトップに穴あきのダメージジーンズや短パンという、ラフ過ぎる格好をする人が多いので、そうした勘違いがないようにと定められたコードなのです。

“普段の感覚よりちょっと上品”を心がけると失敗はないかもですね。

【ドレスコードは一日中?】

ドレスコードは基本的に夕方(ディナータイムの開始時間。あるいは陽が沈んだら、という船も)からですので、日中はカジュアルなどドレスコードに縛られないスタイルで構いません。

その日のドレスコードは船内新聞に記載されていますのでチェックしましょう。

メインダイニングやスペシャリティレストラン、ラウンジなどはドレスコードを守っていないと、原則入ることができません。

ブッフェやカフェなどはドレスコードを守らなくても利用できますが、船によってはパブリックスペース全体もドレスコードの範囲内で、客室のなかしか好きな格好が出来ないという場合もありえますので、気になる場合はスタッフに確認しましょう。

また外国船の場合、フォーマルドレスはデコルテデザイン(襟を大きく開け、胸元や肩、背中を見せるデザイン)が好まれる傾向があるので、ドレスを準備する際は参考にされるといいでしょう。

特にクイーンエリザベスなど伝統を大切にするクルーズ客船の場合は、そうした定番的礼装にこだわる傾向があります。

肩を出したり腰周りやお腹のラインが目立つのは抵抗がある、という方も多いでしょうが、外国の女性は結構恥ずかしがらずにそうしたドレスを着ておられますので、気にせず非日常の世界を楽しんでしまいましょう。

ただし、船内は冷房が効きすぎて寒いことも多いので、肩にかけるショールなどを準備するのはファッション的にもおすすめですよ。

【フリースタイルクルージングって?】

近年はドレスコードの指定がない「フリースタイルクルージング」を取り入れているクルーズ客船も増えてきています。

フォーマルやインフォーマルといった、礼装感覚のドレスアップが必要なく、それこそTシャツに短パン、サンダル履きでメインダイニングのディナーに臨んでもOKなんです。

こういう船を選べばドレスコードに悩む必要もないし、ドレスやスーツ、ハイヒールにアクセサリーと行った荷物も減るので楽ちんですよね。

こうした船ではドレスコードがないだけでなく、レストランも複数あってどこで食べるのも自由だったり、

食事の開始時間もファーストシーティング(前半:17:30頃~)、セカンドシーティング(後半:20:00前後~)という縛りがなく、好きな時間に行って食べることが出来たりします。

さらにおひとりさまの乗客への配慮もあり、2人部屋が基本の客室も1人部屋があったり、

おひとりさま乗客が集える専用ラウンジなどもあったりするので「たまには一人旅がしたい」という方にもおすすめなのです。

このフリースタイルクルージングを取り入れている船会社はノルウェージャン・クルーズ・ライン、スター・クルーズが有名で、値段もカジュアルクラスでリーズナブルなものが多いから気軽に乗船できますよ。

でも、やはりクルーズ客船ならではの非日常を味わいたいという方には、フォーマルのドレスコードが設定されている船から体験されてみることをオススメしたいですね。

船によってフォーマルの服装は違うの?

【カジュアル船のフォーマル】

クルーズ客船にはランクがあり、大きく分けて

大衆向けのホテル的なカジュアルクラス、

高級ホテル感覚のプレミアムクラス、

そして最高級のリゾートホテルのようなラグジュアリークラスの3つにわかれます。

同じフォーマルのドレスコードであっても、この3つのランクそれぞれで印象が変わってきます。

あくまでも目安ではありますが、ランクごとのフォーマルドレスコードのイメージをご紹介しましょう。

まずカジュアル船の場合、船会社で行くとロイヤル・カリビアン・インターナショナル、コスタクルーズやMSCクルーズ、カーニバルクルーズなどが挙げられます。

男性のタキシード率はやや少なめで、スーツにネクタイが多いですね。

女性の場合はロングドレスよりも膝丈のカクテルドレスが目立ちます。ワンピースなど、ホテルレストランに食事に行く時のような服装の人も多いですね。

また、ノルウェージャン・クルーズ・ラインやスター・クルーズのように、

「フリースタイルクルージング」というもともとドレスコードを設定していないカジュアル船の場合は、日中の服装と変わりないままでディナーに参加して構いません。

乗船体験談では「ジャージのズボンにサンダルで食事をしている人もいた」そうですよ。

【プレミアム船のフォーマル】

プレミアム船のフォーマルのイメージは、一言で言うと「結婚披露宴」でしょうか。

男性はスーツ、ネクタイに革靴。タキシードや礼服に、蝶ネクタイという人もいます。

女性はロングドレスにハイヒール、輝きのあるアクセサリー(イミテーションでもまったく構いません)をつけている人が多くなります。

船によっては、ワンピースやスーツの方も高級感を感じさせる服の人も多くいます。和服を着る人も結構居て、訪問着以上の格のものを着用するのがマナーですね。

日本人の場合はドレスも落着いた色のものを選ぶ傾向が高いですが、外国人の場合は赤や黄色、緑やピンクなど明るめの色を着る人も多いので、思い切って挑戦してみるのも悪くないと思いますよ。

そしてプレミアム船になると、カジュアル船よりも「いかにも豪華客船」といったイベントが多くなります。

船長との記念撮影や、時には船長とソシアルダンスを踊れるということもありますから、やはり記念になるようなおしゃれをして臨みたいものです。

プリンセス・クルーズの船ではグラスタワーを高々と積み上げてシャンパンを注ぐきらびやかなイベントもありますので、

シャンパンタワーのきらめきに負けないファッショナブルなスタイルでぜひ参加しましょう!

【ラグジュアリー船のフォーマル】

ラグジュアリー船の中でもプレミアム船感覚でOKな場合と、クイーンエリザベスで有名なキュナードラインといった伝統を重んじる船では話が違ってきます。

伝統的なドレスコードがある船の場合は、それに従って男性はタキシード、女性はイブニングドレスにしましょう。

キュナードラインではこれまた伝統のスタイルとして、客室のランクによって使えるダイニングが分かれており、ランクが下のダイニングでも

「タキシード着用率は80%を超えている」という体験談があるくらいです。

スイートなどの客室宿泊者が使える上のランクのダイニングだと、タキシードが多いと思って差し支えないでしょう。

女性もそれに合わせてデコルテ、背中を大きく開けたイブニングドレスで決めましょう。

そしてよく光るアクセサリーは欠かせません。日本だとあまりキラキラする派手なアクセサリーは敬遠されがちですが、クルーズ船のパーティではむしろ光るほうがいいのです。

宝石もイミテーションで当たり前。なぜなら本物の宝飾品は船旅には持ってこず自宅の金庫にしまってあるのが普通だから、だそうですよ。なのでご安心下さい。

また、自分で着付けが出来る方は、ぜひ訪問着以上の格の着物をお召しになって下さい。

男性の場合は羽織袴に白足袋で。船長以下外国人のスタッフから憧れのまなざしを集めること請け合いですよ!

船上生活での服装は?

【日中、普段はどんな格好?】

「海の上のホテル」とよく称されるクルーズ客船。夜はフォーマルとかインフォーマルといったドレスコードの指示がありますが、では普段の日中はどんな格好をしておればいいのでしょうか?

一般的に昼間はカジュアルな服装で過ごしてOKです。

とはいってもラフすぎるのも船によっては浮いてしまいますので、男性はポロシャツなどえり付きのトップスにスラックスなどの長ズボンが無難ですね。ネクタイはしなくて大丈夫です。

女性の場合はカットソーやブラウスに膝丈のスカートまたはパンツスタイル。靴はローファー的なカジュアルシューズやスニーカーなどがおすすです。

若い人が多い大型カジュアル船や、ドレスコードに縛られないフリースタイルクルージングの船の場合は短パンにTシャツ、ダメージジーンズにサンダルなどもOKでしょう。

クルーズエリアに日程によってもファッションが多少変わってくることもありますので、その船のパンフレットや同じエリアの乗船記ブログなどを見て、乗客がどんな服装をしているか参考にされるといいでしょう。

あと、クルーズ客船内では基本食べ放題ということもあり、ついつい食べ過ぎてしまうことが多いので、あまりピッタリサイズの服は避けたほうがよさそうです(笑)

特にお腹周りはゴム仕様になっていたり、ベルトで調節できるものがおすすめですよ!

【寄港地ではどんな格好?】

寄港地観光もクルーズの大きな楽しみです。でもはきなれない新しい靴や、おしゃれなヒール靴などは足を痛めたり疲れる原因になってしまいます。

有名観光地には遺跡も多く、道路がきれいに舗装されていないことも多いので、ひどい場合は靴底が破れてしまうなんてことも。

ヨーロッパも硬い石畳が多いので、足裏への負担はかなりのものです。

普段から履きなれている靴にするか、靴を新調する場合でも早めに購入してよく履き慣らしておくことが大事ですね。

スニーカーなども歩きやすいのですが、デザイン的にカジュアルになってしまうので、フェミニンな格好をしたい時にはコーディネートが難しくなります。

そこでおすすめなのがスポーツ用品ブランドが出しているレディースウォーキングシューズ。

靴底は厚めでしっかりしていますがデザインはとてもフェミニンでエレガントなものも多く、長時間はいて歩いても疲れにくいようクッション性やフィット感が高い靴になっています。

アシックスやニューバランス、ホーキンスが有名ですのでぜひチェックしてみて下さい。

服装はやはり動きやすいものがいいでしょう。

地域によっては朝夕で気温差が激しいことがありますから、薄手のはおりものなどバッグに入れておくと便利です。

また紫外線も強いですから帽子やサングラスも必需品ですね。

【こんなイベントもあります!】

船内では様々なイベントが開催されます。

コスタクルーズの場合はベネチアン・ナイトまたはカーニバル・ナイトといって、イタリア・ベニスの仮面舞踏会のような仮装パーティも行われます。

それに合わせて船内では仮面をカルチャー教室で手作りしたりすることも。

なれた乗客の中には仮面だけではなくコスプレ衣装も持参して参加する人もいますよ。

プリンセス・クルーズの場合はグラスを積み上げてタワーを作り、シャンパンを注ぐ「シャンパンフォール」というイベントもあります。

希望者は並ぶとシャンパンを注ぐことが出来るので、絶好の記念撮影チャンスですよ。

また、いろんな船で船長との記念撮影やオフィサーとのソシアルダンスタイムが行われますので、ぜひ旅の記念となる写真にふさわしく、ドレッシーなフォーマルウェアを用意しておきましょう。

フォーマルの基本形は男性はダークスーツにネクタイ。

女性はイブニングドレスですが、アクセサリーはイミテーションで構いませんので付けておくと華やかになります。

イブニングドレスは着慣れないので恥ずかしいという方は、結婚披露宴に親族として出席する時のような礼装を意識するといいかもです。

訪問着など格の高い和服は外国船では注目の的ですし、船長も喜びますからおすすめですよ。

クルーズに持って行くと便利な服装・アイテムは?

【フォーマルドレスはシンプルな1着でOK】

クルーズ船の旅で一番頭を悩まされるのがフォーマルナイトの服装ではないでしょうか。

外国船の場合は皆さんドレスアップしていて、肩や背中も大きく露出していたりしますし、ドレスの色も赤など原色も多くて自分が着るには正直戸惑いを感じますよね。

また、何着くらい持っていけばいいのかも悩みどころです。

2週間以上のロングクルーズならフォーマルナイトも多いので数着用意してもいいかもですが、1週間~10日程度までなら、シンプルなデザインのドレス一着で十分です。

そのかわり薄手のショールを2枚、アクセサリーも2種類など、小物で変化をつければいいのです。

ショールも1枚であっても肩にかけるか腕にかけるかで印象が変わりますし、コサージュなどで飾りをつけてもGood。

ショールはラメやパール付など光る要素を含んでいるといいですよ。

チューブドレス1着ににショールとボレロをそれぞれ合わせて変化をつける人も居ました。

髪型もロングヘアーの方はアップにするかダウンスタイルにするかで印象が変わりますし、ショートの方も自分で簡単につけられるエクステと髪飾りを用意すればイメチェンできて楽しいですよ。

自分で整えるのはちょっと難しい凝ったヘアスタイルにしてみたい方は船内の美容室を利用する手もあります。

外国船の場合は意志の疎通をはかりやすくするために、髪型の参考写真などを用意してお願いするといいでしょう。

【水着は二着、部屋着もあると楽】

クルーズ船にはプールがありますし、泳げない方でも海を眺めながら入れるジャグジーは心地良いものです。

客室から水着のままで船内を移動するのはマナー違反ですから、パーカーや短パンなどを上に着用して移動します。

ビーチサンダルもデッキ以外ではNGのことがありますから、スニーカーやデッキシューズがいいでしょう。

プールサイドチェアでくつろいだり、デッキカフェで飲食したりする際には、濡れた水着のままではちょっと気持ち悪いこともありますよね。

天気がよければすぐ乾きますが、そうでない日は寒くなったりもしますし。

それに備えて水着は二着用意して、いざとなったら着替えられるようにしておけば快適に過ごせますよ。

また、船内は公共の空間でもありますから、あまりにリラックスした格好はマナー違反になります。

でも客室の中はプライベート空間ですから、パジャマとかルームウェアなどリラックスできる服を用意していけば、誰はばかることなくくつろぐことができますよ。

バスローブがついているのはスイートクラス以上という船も多いですし、寝転がっているうちにはだけてしまいがちですから、自分で着慣れたものを持参したほうがいいですね。

また、スリッパも外国船の場合はなくてあたりまえなので、ビジネスホテルのアメニティグッズでもらえるようなスリッパでも持って行くと便利ですよ。

【かさばらなくて効果が高いもの】

ユニクロのヒートテックのように、薄くてかさばらないのにとても温かいもの、また紫外線カット効果の高い服が船旅には便利ですね。

アラスカクルージングのように寒い地域ではしっかりした防寒着が必要ですが、あまりにごつくては邪魔になります。

なので薄手で温かいインナーを重ね着したり、ライトダウンジャケットのようにかさばらない防寒着を持って行くと便利です。

デッキに出て船上から景色を楽しむ際は紫外線対策も忘れてはいけません。

海水からの照り返し効果で紫外線量が多くなり、より日焼けしやすいので焼く気がなくても焼けてしまい、あとでシミやそばかす、紫外線老化によるシワ、たるみに泣くことになってしまうのです。

紫外線をカットする効果の高い帽子や上着は忘れないようにしましょう。

ちなみに紫外線カット効果が高い生地の素材はポリエステルで、色は黒が効果的です。

ただ、ポリエステルは通気性が悪いので汗をかくかもしれません。インナーには吸湿性が高く涼しい素材を選んでもいいかもですね。

また、デニム生地、特に青色は紫外線カット効果が高いので、寄港地観光の際は濃い青色のGパンもおすすめですね。

首元や襟足をカバーする薄手の生地のスカーフやストールなども、寒い時にははおりものの代わりにもなって便利ですよ!

クルーズのドレス選びと着まわし術!

【基本形はウエストフリーなロングドレス】

ドレスアップしてディナーやパーティに臨む「フォーマルナイト」はクルーズの大きな楽しみですね。

でもどんなドレスを着ようか悩みの種でもあります。

またロングクルーズの場合は数回フォーマルナイトがあるので、同じ服で出席するのもつまらない。

かといって何着もドレスを持っていくのもかさばる…そんな時は、変化をつけやすいデザインのドレスを1着選びましょう♪

たとえばノースリーブでウエスト部分もストレートなデザインのドレスの場合、ビジューのついたベルトをぎゅっと締めると印象が変わりますし、

肩や胸元を大きく開けたデザインのドレスの場合、肩にシフォンのショールをかけたり、ウエストにコサージュと布リボンをつけると違う印象になりますよね。

またイブニングドレスに合わせるアクセサリーは、イミテーションで構わないので派手目のよく光るアクセサリーが好まれます。

胸元にゴージャスなネックレスを飾ったり、デコルテを強調したいならチョーカーを合わせてもいいでしょう。

このように、小物を変えるだけでバリエーションをつけやすいデザインを選んでおけば、着まわしができて便利ですよ。

また、ウエストフリーだとクルーズ中に食べ過ぎて太ってもカバーできると言う点もポイントですね♪

【かさばらずしわにならないがポイント】

ドレスの素材は「かさばらず、しわにならないもの」を基準に選ぶといいでしょう。

ポリエステルやナイロンなど化学繊維のものはしわになりませんし、ジョーゼットのドレスは光沢もあってイブニングドレスにもピッタリです。

色目は薄い色より濃い色のほうがしわが目立たないです。黒いドレスを着ている人が多いのはそれもあるかもしれませんね。

レースもエレガントですし、インナーにサテン生地を使ってレースを重ねるデザインのドレスだと、下地から光沢を感じさせるので華やかですよ。

サテンの生地に多少しわが入ったとしても、上にレースを重ねていれば目立たないので大丈夫。

レースは硬く編み上げたものもありますが、買う際に手で触ってみてやわらかいものを選ぶと荷詰めしてもしわになりませんし、裾がなびく際もふわっとして優雅です。

生地にはスパンコールやビーズ、パールなど縫い付けられているほうが照明が当たってきらめくので素敵です。

肩にかけるショールやストールなども光るほうがふさわしいので、飾りがついていたり金糸入りの生地のものを選ぶといいでしょう。

もしも荷物から出した際にしわが目立ってしまっていた場合は軽く水で濡らして(霧吹き的なものがない時は手を水に濡らして服を軽くなでる)ドライヤーをあてるといいでしょう。

ドレスの生地を傷めない様に高温は避けて下さいね。

【船で実際に見かけたこんな工夫!】

フォーマルナイトというと女性のドレスアップ姿ばかりが注目されがちですが、男性も負けてはいません。

むしろタキシード姿などは女性のドレスよりも着る機会がないので、ここぞとばかりに楽しもうという方もおられました。

白のタキシードを選んでカラーシャツを数枚合わせたり、ネクタイとポケットチーフ、カマーバンド(腰に巻く飾り帯)の色を変えたりと結構アレンジをしておられたんです。

黒のタキシードの場合も黒の蝶ネクタイを幅広のカラーアスコットタイに変えたり、ウエストコートの色も変えたり(もともとリバーシブルなものを選んでもOK)と楽しめるんだなと思いました。

女性の場合はアクセサリーと髪型で変化をつける方も多かったですね。

肌がきれいな方は髪をアップにして首回りからデコルテをすっきり見せて、アクセサリーもかえってシンプルにするのもポイント。

髪を下ろす時はネックレスを派手目にするとか。

あまり肌を露出したくない方は、ドレス自体はベアトップでも首、肩、胸元にかけて透け感のあるショールをまとったり、

髪をどちらかのサイドに寄せて下ろして、もう反対側のストラップに大きめの布リボンをつけるなどして変化をつけつつ露出を避けるなど。

せっかくのクルーズナイトですから、いろんな工夫をして楽しくドレスアップしてみましょう!

フォーマルナイト、どんな服装が多かった?

【カジュアル船の服装は?】

クルーズ船のフォーマルナイトは船のランクによってもファッションが変わってきます。

まずは「大衆船」とも呼ばれるカジュアル船の服装を乗船記の口コミを参考にご紹介しましょう。

「フォーマルナイトでも普段と変わらないラフな服装の人が多かった」

「女性はワンピースが多かった。男性はジャケット程度で、スーツやタキシードは見かけなかった」

「イブニングドレスというよりは丈が短いカクテルドレスで、男性はダークスーツに普通のネクタイでした」

「日本発着クルーズだったせいもあるのか、みんなそこまでドレスアップしていなくて、普段着よりはやや“よそ行き”的なスタイルだった

「海外でのクルーズだったから外国人が多く、結構露出度の高いドレスを着ていた。ただロングドレスじゃなくてシンプルでひざくらいのドレス。色は赤とか鮮やかな青など原色系が目立っていた」

「イブニングドレスは本来柄がない無地がマナーらしいけど、結構花柄とかプリント模様のついた服の人も居て、あまりこだわらなくてもいいのかもと思った。でもランクの高い船だとやはり違うのかも」

口コミではこんな感じでした。カジュアル船のなかにはドレスコードを設定しない「フリースタイルクルージング」の船もあって、普段着で問題ない場合もあるので

「皆どんな服を着るの?」と気を遣いたくない人にはおすすめですよ。

【プレミアム船の服装は?】

プレミアム船の例としてわかりやすいのはダイヤモンド・プリンセスですね。

日本発着クルーズを何年も続けているので、一番日本でポピュラーなプレミアム船といえるかもです。ではその口コミを見てみましょう。

「外国船だし本格的なフォーマルな装いが必要かもと思いましたが、実際はそうでもありませんでした。結婚披露宴というよりも、ホテルで食事するくらいの服装の人が多かった」

「男性はほとんどがスーツにネクタイ。女性はワンピースにボレロやカーディガンで、ドレスにストールな人は少なかった」

乗船した時によって雰囲気が違っていた。初めて乗った時はドレスの人が多かったけれど、数年後に乗った時はワンピースとか普通に近い人が多かった」

みんな黒っぽいドレスやワンピースで、明るい色の服装は少なかった。乗客の年齢層が高かったのかも

「外国でのクルーズ船の写真では肩を出してる人が多かったけど、上着で首もとまで隠している人が目立った。やはり日本人の場合は肌を見せるのに抵抗があるのでは」

「若い人は披露宴のお呼ばれに着るような、チュールのスカートがふわっとしてるカクテルドレスが多かった」

全体的にはホテルレストラン~披露宴向きの服装が多いようですね。

あとカジュアル船では見当たらなかった「訪問着など着物姿の人がいた」という声も目立ちました。

【ラグジュアリー船の服装は?】

豪華客船の代名詞ともいえるクイーン・エリザベスはラグジュアリー船を代表する船といえるでしょう。

この船は伝統を重んじることもあり、フォーマルナイトの服装も男性のタキシード率が80%以上となっています。

「女性は黒のロングドレスに、船内は冷房で寒いせいなのか白のジャケットを着た人が多くいました」

「ダンスを踊るボウルルームに行くと、そこにいた女性は全員ロングドレスで、カクテルドレスのような膝丈のドレスの人は居ませんでした」

「イブニングドレスは肩や背中、胸元を出すのが基本らしいですが、胸元や背中の露出は少なめに感じました。ただ、体のラインにそったデザインが多く、太っている人もお腹が出ている人も気にせずボディラインを出していたのでちょっと驚きでした」

イヤリング、ネックレスが大ぶりでキラキラ光っていました。でもドレス自体はシンプルな印象でした。アクセサリーで豪華さを出すのかも」

男性も女性もシックな装いでした。もう少し明るい色でも華やかになるのではと思いましたが、船の雰囲気がクラシックなのでそれには合ってるかもと思いました」

などといった口コミが多かったです。

中にはこんなちょっと変わった声も。

「びっくりしたのは、襟にレースの立て襟をつけてるひとがいたことです。エリザベス1世がつけてたような。船の名前にちなんだコスプレだったのかも?」

これは真似しなくてもいいと思いますが…シンプルでシックな、そして上品さのある装いがおすすめのようです。




今なら無料でプレゼント!

クルーズ旅行の「秘密の情報レポート」
今なら特別に無料でプレゼント!