MSCクルーズ船の徹底解説! 地中海から日本発着、口コミ情報まで


MSCクルーズってどんな船会社?

【地中海クルーズならこの船会社!】

MSCクルーズはイタリアに運行本社を置くヨーロッパ最大のクルーズ船会社です。

MSCとはMediterranean(地中海)Shipping Companyの略で、その名の通り地中海を拠点に豪華客船を多数周航させています。

世界第2位のコンテナ積載量を誇る海運会社が親会社とあって、大型客船が多く値段も安いという点がポイント高いですね。

それに地中海はイタリア、ギリシャ、トルコ、スペイン、フランスといった様々な国に面しているので、乗船するお客も多国籍です。

前身の船会社「フロッタ・ラウロ」から数えれば100年近いの歴史があるので、多国籍乗客への臨機応変な対応はお手の物。

様々な国の言葉を話せるスタッフが多数乗船して親身なフォローをしてくれます。

実際にMSCクルーズには「レセプショニスト(ホテルでいうフロント担当)」として日本人女性社員が雇われているんですよ。

湯澤さんというこの方は日本語の他にイタリア語、英語、スペイン語も使いこなすそうで、他のスタッフも何語で話しかけられても基本的な対応は出来るように日頃から努力をかかさないそうです。

込み入ったクレームなどはネイティブの人に依頼するなど、お互いに協力し合っているそうですよ。

日本人を含め特定の国の乗客が多い場合はその国のスタッフを多めに配するなど、配慮もしてくれているので安心ですね。

【子供連れなら断然MSC!】

MSCお子様と一緒にファミリークルーズをしたい方、断然MSCクルーズをおすすめします!

なぜかというとMSCクルーズでは、夫婦など大人二人と同室の場合、12歳未満のお子様はなんと無料になるんです!

12~17歳のお子さんの場合もローシーズン(閑散期)及びミッドシーズン(季節半ば)ではクルーズ料金が無料になりますので、大変お得ですよ!

それに海運会社傘下の船会社ですから、他クルーズラインと比較してポートチャージが3分の1と安いのもポイントが高いですね。

船内ではアクアパーク、スイミングプール 、ウォータースライダーといったお子様が楽しめる施設がありますし、お子様の年齢別に4つのキッズクラブで楽しいアクティビティや遊び、ゲームやイベントを無料で開催しています。

エンターテイメントスタッフと子供たちが一緒にレストランで楽しいディナータイムを過ごしたり、赤ちゃんのお世話をしてくれたり。

6歳までの幼児の服は専用マシンと専用洗剤でランドリーサービスまでしてくれるんです!

これは他社のクルーズ船にはないサービスなのでありがたいですね♪

その他有料サービスでは深夜もお預かりをしてくれたり、ご両親が寄港地ツアーに行っている間も預かって遊んでくれるので安心です。

イタリアの大人気知育玩具CHICCO(キッコ)やレゴブロックで遊ぶことが出来るので、お子様達も大喜びですよ!

【どんな船があるの?】

MSCクルーズの船はカジュアルクラスにしてはモダンで大人っぽい雰囲気の内装が多く、スワロフスキー・クリスタルを敷き詰めた階段など高級感も味わえるお得な船として評判です。

さらにワンランク上の客室カテゴリーのMSCヨットクラブもあり、静かで落着いた優雅な雰囲気も楽しめるので、日本人には特に喜ばれています。

また近年は15万トン以上のメガシップを次々就航させ、新しい設備やエンターテイメントも注目を集めています。

たとえばMSCメラビリアでは世界的に有名なシルク・ドゥ・ソレイユと契約を結んで、船内の円形ホールでディナーを食べながらショーを楽しめたりします。

船首や船尾にプールを配して壁はガラス張りにすることで海とのつながりを感じさせるインフィニティ・プール。

屋内プロムナードの天井にはLEDを使った様々な映像が24時間映し出され、ショッピングと共に空を見上げて散歩する楽しさを味わえます。

イタリア料理と言えば日本人にも馴染み深く気軽に食べられるイメージがありますが、スローフードをテーマにした有名レストラン「イータリー」や、

魚料理専門のエレガントなレストラン、アジアン・マーケット・キッチンレストランなど様々な食を楽しめるのも大きな特徴ですよ。

もちろん日本食レストランもMSCポエジアとMSCムジカに設けられています♪

MSCスプレンディダってどんな船?

   

【2017年に大改装した大型船】

2018年にMSCクルーズは初めての日本発着クルーズを行いました。

その際にやってきたのがMSCスプレンディダ。13万トンクラスの大型船です。

建造年は2009年ですが、2017年にアジア向けに大改装を実施したので船内はとてもきれいで華やか。

イタリア船の良さはそのままに、アジアンレストランなども備えており、ワンランク上のVIP客室カテゴリーも用意され至れり尽くせりです。

三層吹き抜けのアトリウムにはMSC名物のスワロフスキー・クリスタルを敷き詰めた曲線階段

メインダイニングも二層吹き抜けで、高級感あふれる黒大理石の階段にはクルーが集まってディナーセレモニーも開催されます。

イタリアの街角のようなおしゃれなカフェではジェラートやパティスリーが味わえます。

シックな中にビビッドな赤が映える大人っぽいラウンジやバリ風の内装のスパなど、どこをとってもフォトジェニックな空間だらけで飽きることがありません。

天候にかかわらず泳げる広大な屋内プールに、海を眺めながらトレーニングが出来るジム。

ボウリングが出来るバーなどもあり、船上生活をとことん楽しめる施設もいっぱいです。

12歳未満は大人二人と一緒なら無料というサービスがある上に、レゴブロックとコラボしたキッズルームや北極をイメージしたプレイルームなどもあって、大人から子供まで大満足の船ですよ!

【船上の別世界スイートエリア】

MSCスプレンディダにはMSCヨットクラブという、専用のクルーズカードがないと足を踏み入れることさえ出来ないスイート専用エリアがあります。

世界から取り寄せられる新聞の中から、希望の新聞のコピーを毎朝お部屋まで届けてくれるなど24時間のバトラーサービスがあり、ツアーの予約など専任のコンシェルジェを配した究極のラグジュアリーライフを味わえると評判です。

乗船の際もコンシェルジュ・エリアに優先的にアクセスできる専用チェックインから。

寄港地でのエクスカーションの際には乗船車もしくはミニバスを用意することも可能なんです。

スイート専用エリアからアウレア・スパへの専用通路もあるので、プライベート感覚で施術を受けることが出来ます。

広くて豪奢なスイートルームには低反発マットレスにエジプト綿のシーツ、好みで選べる枕を用意。バスルームは大理石仕様です。

食事は専用レストランやトップセールラウンジ、ザ・ワンバーにて毎日各スペシャリティレストランから取り寄せた料理を好きな時間に食べられますし、アルコールを含む飲み物は飲み放題

ブリッジの上に位置する展望ラウンジでお酒を飲んだり、アフタヌーンティータイムを楽しんだり出来ます。

専用図書室にスイミングプールと2つのジャグジー、ソラリウム。

専用ディスコエリアもあるMSCヨットクラブはぜひ一度体験してみたいものです。

【実際に乗船した人の口コミは?】

ではここで、実際にMSCスプレンディダに乗船した方々の感想をご紹介しましょう!

イタリアの船なのでさすがチーズ料理が美味しい!ピザも美味しいし、いつも焼きたてを食べました。子牛のカツレツなど料理も食べ応えがありました」

「ファミレス感覚という声があったけど、実際に乗って食べてみたらシーフードなどもとても美味しかった。ジェラートやティラミスなどのスーツも美味しい。和風の味を好む人には合わないのかもと自分は思いました」

「子供と一緒に乗船したので、ピザやハンバーガーなど食べやすいものが美味しいのはよかった。そして子供にはリストバンドをつけるのですが、バンドのバーコードで情報を管理してもらえるので事故があって避難する際にも役立ちます」

イベントのショーが言葉がわからなくても楽しめるものばかりで、マジックも面白かった。最終日のショーは子供もステージの上に上がって踊ることが出来たので、大人だけでなく子供にとってもいい思い出が出来ました」

「窓のない内部屋でもインテリアのカラーがいいせいか、窮屈とか質素な感じがしなくてよかった。それにシャワーも勢いが良くて、ヘッドスパができそうなくらい調整ができたのも驚きました」

特にお子さんとご一緒の方が喜ばれているのが目立ちましたね。貴方もぜひファミリークルーズをMSCスプレンディダで味わってみませんか?

MSCメラビリアってどんな船?

【驚きの世界が広がる船内】

「世界七不思議に次ぐ八番目の不思議が出現した」2017年6月にMSCメラビリアがデビューした際にこんな声が挙がりました。

メラビリアとはイタリア語で「驚嘆・不思議」を意味しますが、この船に一歩足を踏み入れた人の前には、まさに驚きに満ちたきらめきの世界が広がっているのです。

レセプションの前にはピアノが置かれた輝くステージがあり、その真上は3層吹き抜けの上、天井部分が鏡面仕上げになっているのでまるで空のかなたまで空間が広がっているよう。

さらにらせん状の鏡面オブジェとスワロフスキーが敷き詰められたまぶしいほどの階段がこれまたらせん状に上へと向かっているので、天に昇っていくような感覚になります。

2層目には全長96mにも及ぶプロムナードが広がっていて、その天井部分はLEDスクリーンによる千変万化の光景を眺めることが出来るのでこれまた圧倒されます。

時には満天の星空、時にはミケランジェロ作システィーナ礼拝堂の天井画が現れたりしますので、船内であることを忘れてしまいそうですよ。

プロムナードの両側にはブランドショップやレストランが並んでいるので買い物ついでや食事の際に何度でも訪れることが出来ますし、

その時の景色も様々ですから常に新しい驚きを感じさせてもらえます!

【イタリアンの美食を堪能】

MSCメラビリアのレストランも驚嘆に満ちています。船内にはレストランが11ケ所、ラウンジやバーは20ケ所もあるんです。

世界中の料理を楽しめますが、さすがイタリアの船らしく、パスタやピザ、リゾットやシーフード料理などはとても美味しいと評判です。

特にスペシャリティレストランの「EATALY(イータリー)」では最高品質のイタリア食材とイタリア最高の造り手がお届けする新しい本物のワインで、乗客の好みに合わせた素晴らしいディナータイムを提供してくれます。

さらにワインの起源に関する案内やイタリアの優れた食文化についての説明などもしてもらえるのでありがたいですよ。

ステーキハウスの「ブッチャーズカット」では熟成肉などボリュームのあるステーキを様々なソースで頂けますし、デザートも美味しいです。

日本食が恋しくなったら鉄板焼きと寿司バーの「海渡(かいと)」へどうぞ。

また、MSCメラビリアでは食事と独自のフロアショーとのコンビネーションを味わえます。なんとシルク・ドゥ・ソレイユのショーを観ながらディナーを楽しめるんです!

こんな体験が出来るのはMSCメラビリアだけなので、ぜひともご参加下さい!

この他にも大人気のパティシエ「ジャン フィリップ モーリー」が監修するチョコレート専門スペースもありますので、スイーツ好きな方もぜひどうぞ!

【子供と一緒の旅に最適】

MSCクルーズは両親など大人二人と同室の12歳未満の子供は無料になることもあって、お子様連れの旅行に向いているとよく言われます。

なかでもメラビリアには料金以外にもお子様に喜ばれる要素がたくさんあります。

たとえばブッフェレストランのマーケット・プレイス。

SANYO DIGITAL CAMERA

厨房がガラス張りになっているので、モッツァレラ・チーズを作る工程や、ピザを生地から作り、トッピングなどをする工程も見て楽しむことが出来るので、楽しさと美味しさが倍増します。

グリル料理やスープにパスタ、デザートまでずらりと並んでいるので選んで取るのもワクワクしますね。

ちなみにブッフェでは営業は10時まででも深夜2時まではピザが焼かれていますので、深夜1時半までに来店すればピザを食べることができますよ!

6階プロムナードにはチョコレート専門店もあり、チョコで作ったウミガメやタコ、珊瑚にクラゲ、ヒトデといった見事なオブジェも並んでいますから、まるで美術館のようです♪

16階にはキッズクラブがあり、何とレゴブロックで作られた等身大の人形が椅子に座っていたりするんです。

もちろんレゴブロックで遊ぶことも出来ますよ。

エンターテイメントのショーはマジックなど子供でもわかりやすいものも多いですし、

プロムナード天井のLEDは世界の花火などをプロジェクションマッピングのように映し出してくれるので、子供も大人も大満足ですよ!

MSCシーサイドってどんな船?

【テーマは海辺という船】

よくクルーズ客船を評する際に「海の上とは思えない!」という言葉が使われますが、MSCシーサイドの場合は違います。

なぜならばこの船は「とことん海の側(シーサイド)にいられる」からです!

デッキ8に設けられた船の周りを一周できる遊歩道ウォーターフロント・ボードウォークは海面を間近に感じられますし、

デッキ16のグラス・スカイウォークからは足元を透かして海を眺められるという、迫力とスリル満点の光景を楽しめます。

4層吹き抜けのアトリウムは大きなガラス窓に面しているので、素晴らしい海の景色と降り注ぐ太陽の光を満喫できるのです。

ウォーターパークにおいても、船体の側面に広がる透明なループを持つ2つのレーシングスライダーは海の中へと滑り降りていくような感覚になりますし、

船上を駆け抜けるジップラインは洋上最長の長さとあって、海賊が帆柱から帆柱へとロープで飛び渡るかのような気分を味わえます。

ベビークラブやジュニアクラブ、ティーンズクラブそれぞれのプレイルームも海の中で遊んでいるような内装になっており、

子供たちの想像力をかきたててくれます。

展望エレベーターで行ける最上階のプールからは船の航跡が眺められ、海の雄大さを体感できるのも嬉しいですね。

【食のラインナップも充実】

海を感じられるのはレストランでも同様です。

MSCシーサイドにはレストランが9ヶ所、ラウンジやバーも20ヶ所ありますが、

魚料理専門のオーシャンケイ・レストランは壁にも魚の絵が描かれており、まるで魚を獲る漁網のような装飾もスタイリッシュです。

ビストロ・ラ・ボエムでは親しみやすいフレンチを味わえて、和気藹々としたパリジャン・スタイルの朝食からエスカルゴ、フォアグラなどハイグレードな料理まで食べることが出来ます。

ステーキハウスのブッチャーズカットでは熟成肉など多彩なステーキを世界中の多種多様なワイン、ビール、カクテルと共にどうぞ。

ファミリー・ビュッフェのザ・ビスケーンベイ・ビュッフェ&ピッツェリアでは、イタリアの民家の台所のような素朴で温かい内装の中で、家庭料理のように食事の時間を過ごせます。

MSCシーサイドで特にオススメなのは、ロイ・ヤマグチ監修のパン・アジアンマーケット・キッチンです。

ハワイの郷土料理に新鮮な食材への敬愛をこめて、丁寧に作られる日本の伝統料理を取り入れたヤマグチシェフは、船上でも独創性に富んだ素晴らしい料理を提供してくれます。

さらに鉄板焼きレストラン by ロイ・ヤマグチでは魅力的なパフォーマンスと共に新しい和食を楽しめることでしょう。

【海と空の光を感じさせる客室】

イタリアの船、なかでもMSCの場合は階段に敷き詰められたスワロフスキーなど、非常に派手できらびやかなイメージがあります。

しかしこのMSCシーサイドはむしろシックな内装になっており、それがかえって海と空の光の明るさ、まばゆさを感じさせてくれます。

客室の壁や天井はスタンダードからスイートまで薄いグレーが基本になっていて、ソファやカーペット、ベッドカバーなどはダークレッドやベージュ、グリーングレイなど落着いた色合いでまとめられています。

原色ではなくこうした色を用いることで、客室でのひと時をリラックスしてすごすことが出来ますね。

また、MSCシーサイドには2~3部屋が内部のドアでつながったコネクティング・ルームが用意されており、6~10名のご家族や友人同士などで楽しく過ごす事が出来ます。

また、ベッドルームが二つある部屋やバスルームも二つある部屋などもありますので、こちらも二世帯などの旅行にオススメですね。

この他にもジャグジーバス付きスイートルームや、

テクノジム社によるスタイリッシュなウォーキングアウト用マシン「キネシス」が備わっているウェルネス・グランドスイートルームなど、

今までの船にはない客室バリエーションもMSCシーサイドの大きな魅力ですね!

MSCヨットクラブって何?

【船内の別世界】

MSCクルーズの船はカテゴリーで行けばカジュアルクラスとなりますが、その船内には「MSCヨットクラブ」というワンランク上のカテゴリーエリアがあります。

カジュアル船とは思えない静寂に包まれた高貴で優雅な雰囲気は“船内の別世界”“サンクチュアリ(聖域)”などと評されるほど。

カジュアル船の気楽さと楽しさ、ラグジュアリー船のプライベート感と極上のサービスを共に味わいたい人に大好評のサービスシステムです。

乗船・下船の際は優先的にチェックイン&アウトをしてもらえますし、客室内のミニバーも含め、船内全てのバー及びレストランでは飲物が無料。

MSCヨットクラブはこのエリアの豪華な客室に宿泊する人しか使えない専用の鍵を使って入りますので、世界のVIPになったような気分です。

しかも24時間対応のバトラーサービスが付き、ルームサービスはもちろんのこと、スーツケースなど荷ほどきや荷造りまで手伝ってもらえます。

世界各国の新聞から好きなものをひとつ選べるので、海外旅行中でも日本の新聞を読むことが出来ますよ。

専用コンシェルジェがこれまた24時間体制で、プライベートの寄港地観光の手配から船内のスパの予約まで、きめ細やかに相談に乗って対応してくれるのです。

MSC自慢のアウレア・スパへは直通エレベーターで行けるのも嬉しいですね!

【好きな時間にお食事を】

MSCヨットクラブの専用レストランでは好きな時間に食事を楽しむことが出来ます。

地中海料理や各国料理を供するバリエーション豊かなメニューが最上級の食材で用意されていますので、グルメの方にもきっとご満足いただけることでしょう。

シェフの解説も付きますのでより深く味わうことが出来ますよ。

もちろん一般エリアのビュッフェなどもご自由に利用できますので、その時々の気分によって食べる場所や食べるものを選ぶことが出来ますよ。

素晴らしい眺望をパノラマで堪能できるトップ・セイル・ラウンジでは伝統的なイギリスのアフタヌーンティーを毎日味わうことが出来ます。

さらにMSCヨットクラブ・ウェルネス・デラックススイートではよりヘルシーを追求したウェルネス・エクスペリエンス特典も付きます。

シャツ、短パン、スポーツタオルなども付いたウェルカム・キット、ウェルネス専用アクティビティーにMSCメディカルスタッフによる健康診断や、パーソナル・トレイナーによるマンツーマン対内分析も。

クルーズの旅はどうしても運動不足と栄養過多になりがちですので、こうしたフォローが付いているとありがたいですね。

テクノジムの栄養専門家による多彩で美味なバランスの良いヘルシーメニューも用意されていますよ。

【極上の客室と専用サンデッキ】

スワロフスキーが輝く専用階段を登って入るMSCヨットクラブのスイートルームは、大理石と木製パネルに包まれた極上の空間です。

マイフォーム・メモリー社ベッドのマットレスは形状記憶機能を持っており、エジプト綿のシーツとドレアン社の選べる枕と共に最高の眠りを提供してくれます。

バスルームも大理石で高級感があり、バスタブも完備。

MSCオリジナルのバスアメニティも豪華でバスローブやスリッパも用意されています。

ロイヤルスイートの場合は船首に面したバルコニーも付いているので、まさに絶景を誰よりも早く独り占めにできるのです。

極上の空間は客室だけではありません。

スパバス(ジャグジー)とソラリウム(サンデッキ)を備えたザ・ワン・プールと、プールサイドにあるワン・バーでも静かで優雅な時間と特別な景色を楽しむことが出来るんです。

このように素晴らしい船上生活を送ることが出来るMSCヨットクラブは、

MSCメラビリア、MSCシーサイド、MSCシービュー、MSCプレチオーサ、MSCディヴィーナ、MSCスプレンディダ、MSCファンタジアに用意されています。

MSCクルーズは2019年にもMSCスプレンディダで日本周遊クルーズが予定されていますので、この機会にぜひMSCヨットクラブを体験してみませんか?

MSC for meって何?

【3年の歳月をかけて開発!】

MSC for me”とはMSCクルーズが2017年から始めた新しいサービスで、乗客がレストランや寄港地観光を予約したり、友人の居場所を確認したりできるデジタルシステムです。

「お客様とスタッフ、船を繋ぐ為のデジタル・テクノロジー」

を求めて、コダック、ボッシュ、ヒューレット・パッカード、サムスンといった技術メーカーと連携しながら3年の歳月をかけて開発されました。

インタラクティブマップとナビゲーションツールによって、船内の興味のある場所を調べたり、役に立つ情報を得ることが出来るのです。

たとえば食事をする場所を選ぶ際に、船内のレストランの場所やメニュー、どんな雰囲気の店なのかなどの情報をすぐ得ることが出来ます。

さらに自分が今居る場所からの経路なども教えてくれるので助かりますよ。

他にも船内でどんなイベントが何時から開催されるのかもわかりますし、

観たいショーの予約をしておけばその時間が近づくとリマインダーでお知らせもしてくれますから、うっかり見逃してしまうこともありません。

有料レストラン、エクスカーション、MSCアウレアスパトリートメント、そしてMSCの大きな目玉であるシルク・ドゥ・ソレイユショーの予約もできるので大変便利ですよ。

2018年秋現在、MSCメラビリア、MSCシーサイド、MSCスプレンディダ、 MSCシービューにて利用可能となっています。

【お子様連れに最適なサービス!】

このMSC for meのサービスを最も喜んでおられるのは、子供さんを連れてクルーズに参加される親御さんではないでしょうか。

というのも、MSC for meでは子供さんにブレスレットを装着させることで、たとえ別行動をしていても子供さんが今どこにいるのかを把握できるのです。

キッズクラブで遊んでいたり、キッズクラブのアクティビティで船内探検をしている時も居場所がわかるのでとても安心ですね。

また、船内で何か困ったことや相談したいことが出来た際にも、24時間体制で対応してもらうことが出来ます。

タブレット、ブレスレット、インタラクティブスクリーン又はMSCフォー・ミーアプリをスマホにダウンロードして、指先での簡単操作で使うことが出来ます。

自分のペースを崩すことなくこのサービスを受けられるのも魅力ですね。

客室ではカスタマイズ可能な音声対応人工知能技術が搭載されたデジタル・クルーズアシスタント、ゾーエ(ZOE)が7種類の言語を話してくれるので、

客船内で提供されるすべての情報を簡単に得ることが出来るのです。

また、ブレスレットとクルーズカードでキャビンのドアの開錠、お支払いも出来てしまうのでほぼ手ぶらで船内をまわる事が出来ますし、

客室のテレビではオンデマンド映画のカタログ閲覧も可能です。

船内での体験データをもとに好みに応じたイベントや料理、飲み物の提案などもしてくれるので、無駄なく効率的にクルーズを楽しむことができます。

【今後もさらなる新しいサービスが?】

MSCクルーズはもともと多国籍の乗客を心地良く過ごさせるためのサービスに労をいとわない船会社でした。

地中海クルーズでMSCクルースの船に乗ったことがある人なら、日本発着でなくても日本人への配慮が厚いスタッフがそろっていることを実感したことでしょう。

メニューなどの日本語訳はもとより、言葉の壁による不満が出ないようハートフルな接客対応をしてくれます。

2017年から2026年にかけて最大11隻もの新造船を就航させる、しかも15万トンから20万トン超最新鋭のメガシップばかりというのです。

きっとMSC for meを超えるような斬新で快適なサービスを実施してくれることは間違いないでしょう。

2019年はゴールデンウィークとシルバーウィークに日本発着クルーズを催行し、短い日程の片道クルーズも設定されるそうなので、ぜひこの機会にMSCクルーズのおもてなしを体感してみたいものですね。

特に上級客室専用エリアのMSCヨットクラブは「カジュアル船なのにラグジュアリー船の高級なサービスが味わえる」と日本人クルーズファンに大好評なのでおすすめです。

MSCクルーズのヴァーゴ会長自身も「MSCヨットクラブは日本人乗客のために作った」とまで発言しているので、さらに手厚いサービスが受けられるかも?ですよ!

MSCクルーズの歴史って?

【地中海生まれの老舗海運会社】

MSCクルーズは世界第2位の規模を誇る海運会社の子会社で、そのルーツは1920年までさかのぼることが出来る老舗です。

90年代までは3万トンクラスの船でカジュアルなクルーズを主体としていましたが、2003年にピエルフランチェスコ・ヴァーゴ氏を迎えた時から方針を大幅に転換しました。

6万トンのMSCリリカをはじめ、MSCオペラ、MSCアルモニア、MSCシンフォニアと新造船や他社からの買取などを積極的に行い、地中海からより広い海へとエリアを拡大していきました。

そして2006年にはMSCムジカ、2007年にはMSCオーケストラ、2008年にはMSCポエジア、2009年にはMSCマニフィカと毎年新しい船をデビューさせるというすごい勢い

また2008年のMSCファンタジア就航の際にはカジュアル船の中にラグジュアリーエリアを設けたMSCヨットクラブを設け、今までのMSCのイメージを大きく変えたのも印象的です。

MSCスプレンディダ、MSCディビーナ、MSCプレチオーサ、MSCメラビリア、MSCシーサイド、MSCシービューと次々に新造船を就航、

さらに2020年にデビュー予定のMSC ビルトゥオーザには、環境への影響を削減する最先端の環境技術が搭載されています。

先進的な排ガス浄化システム、排水処理システム、機械室から熱を回収するスマートヒーティングシステムなど最新のエコクルーズ客船なので、こちらも注目必至ですね。

【キューバクルーズをいち早く開始】

2015年のアメリカとの国交回復で一気に注目を浴び、多数のクルーズ船が航行するようになったキューバです。

実は主要船会社の中でいち早くキューバ定期クルーズを開始したのが誰あろう、MSCクルーズだったのです。

6万5千トンのMSCオペラをまわして、ハバナ発着でジャマイカやメキシコをめぐる1週間のコースを定着させました。

しかもハバナには2停泊し、見どころの多い首都をじっくりと観光できるよう配慮をしてくれています。

ハバナはスペイン占領下の時代とアメリカの支配下にあった時代があり、異文化が複雑に溶け合っているなんとも不思議なところ。

でも地中海を拠点にしていたMSCクルーズは多国籍文化を扱うのは最も得意とする分野なので、エクスカーションの相談にもきめ細やかな対応をしてくれます。

船上生活でもキューバのラテンダンスをカルチャークラブイベントやディスコタイムに多く取り入れ、乗客が楽しみながらキューバへの理解を深めるよう自然に導いてくれるのです。

キューバはとても海が美しいところですが、クルーズ船で島々を巡ることで様々な海の色や風景を楽しむことが出来、単に飛行機でキューバに行くよりも何倍も満足度が高くなります。

しかもMSCクルーズは、乗客にとっておきの寄港地も用意しているのです。それは次の章でご紹介しましょう!

【MSCのプライベートアイランド】

アメリカとキューバが国交回復した2015年の12月、すでにMSCはバハマ政府と島の100年間リース契約を結んでいました

それはオーシャン・ケイ(Ocean Cay MSC Marine Reserve)という島です。

6ヶ所を超える素晴らしいビーチがあり、広大で静かな珊瑚礁に囲まれたラグーン、バハマの典型的な住宅が整然と並んでいるこの島は海洋保護区域

ですから熱帯の驚異的な水中生物を目の当たりにすることが出来ます。

家族連れ専用区域も設けられていますので、気兼ねすることなく子供さんを思い切り遊ばせることが出来ますし、

逆に大人の静かな時間を過ごしたいカップルなどは反対側のエリアを散策する楽しみもありますよ。

海が眺められる部屋でMSCアウレア・スパ専門スタッフによるマッサージやビューティー・トリートメンとを受けて癒しの時間を過ごすことも可能です。

まるで水晶のような透き通った美しい海で、シュノーケリングや水泳を楽しむこともできますし、様々なアクティビティにチャレンジするのもおすすめです。

もちろん島には海辺のレストランやチキバーもありますので、船上と同じように食べたいものを食べ、飲みたい物を飲んでくつろぐことができます。

このようにMSCクルーズは常に最先端を見据えて画期的な楽しみを乗客に与えてくれる船会社です。

あなたもぜひときめきとくつろぎをMSCの船で思い切り味わって下さい!




今なら無料でプレゼント!

クルーズ旅行の「秘密の情報レポート」
今なら特別に無料でプレゼント!