船旅でもし病気になったらどうする?


efvmepmvmvaedクルーズ旅行に出かける前に
不安な点として挙げられるのが、
「病気になったらどうしよう」
という事ではないでしょうか。
 

実はクルーズ船には
病気になっても大丈夫な
備えがたくさんあるのです

そのいくつかをご紹介しましょう。
 

 

まず船酔いなどの
軽い症状の場合
です。
 

もちろん普段飲みなれている
酔い止めを持っていくのが
一番ですが、
クルーズ船内でも無料で
配布されています

船の上の方に行けばいくほど
酔いやすくなりますから、
なるべく低いところで
旅行を楽しむとよいですね。
 

 

次に風邪などの場合です。
 

たいていのクルーズ船には、
医師や看護師が同乗しています。
 

ですから、病気になったとしても
医師の診察を受けて、
薬を受け取ることができるでしょう

 

 

ただし持病を持っている方は
乗船する準備の段階で
自分が普段飲んでいる薬を
持っていくと安心です。
 

クルーズ船には
基本的な薬が置いてありますが、
特殊な病気に対する薬は
置かれていない
ことを
忘れないようにしてください。

 

さて、さらに重大な病気の場合は
どうなのでしょうか?

 

例えば心筋梗塞や目の異常、
肝炎などの場合
です。
 

もちろんこんなことにならないのが
一番ですが、
あり得ない話ではありません。
 

 

実はクルーズ船の中には
簡単な手術ができる部屋を
備えているものもあります

 

ですから、ある程度の
病気やけがであれば
心配はいらないでしょう。
 

しかし、たとえ国内クルーズでも
健康保険や社会保険が
適用されません

 

 

もしクルーズ先で重大な
病気になってしまったら
まずクルーズ旅行前に
旅行保険に入っているかを
必ず確認するようにしてください

 

もしかすると、
ヘリコプターやその他の手段で
最寄りの港町にある病院へ
搬送されることもあるかもしれません。
 

もし整った施設がない場合には
日本へ移送されることもあります。
 

 

クルーズ船にはいろいろな
設備が整っていますから、
病気のことをあまり
心配しないようにしましょう。
 

旅行保険に入っておけば、
きっと安心して旅行が
楽しめる
はずです。

 




今なら無料でプレゼント!

クルーズ旅行の「秘密の情報レポート」
今なら特別に無料でプレゼント!